今後は良い印刷所の確保が課題か

先日「現代○○社」のD社長からお電話があった。
何事かと思ったが、どうやら冬雷の印刷製本所がローヤル企画さんだというのを知ってのことらしい。
貴誌には編集企画が際立つものがある、どういう背景があるのか? どんなメンバーでおやりか?
ローヤルさんとはどういう関係なのかというようなことを聴かれる。

現役時代にちょっと取引があったので、それをツテに私用アイテムの冬雷の仕事をお願いしたと答える。
月刊紙「冬雷」プリプレス作業内製化をした直後は、そのデータに一抹の不安があって、仮に思惑通りにいかないことも想定し、そんな場合は別の意味でのアナログ印刷化も視野に入れて、そんな希望の融通のききそうな小さな町の工場「S企画」さんを印刷所に選んだ。
それから二年間「S企画」さんにお願いしてきたが、刷り濃度のムラや製本時の面ズレなどがしばしば発生し、小さなトラブルが続出したので、申し訳なかったのだが、印刷所の変更に踏み切った。
印刷形式にはいろいろあって、冬雷ですすめるCTP刷版運用(パソコンから直接に指示をして印刷用のプレートを焼き出す仕組み)にしても、S企画さんの所では本格的なものでない「紙刷版」なので、解像度も低く粗目の刷りしか望めない。これは写真などになると顕著に見苦しくなる、という傾向がある。
また製本方式も1頁単位に断裁して纏める「ペラ丁合」というもので、印刷面が微妙にずれて、見開き頁などの時に「誌面の段違い」ということもおきる。きちんと整理して断裁セットしないと1頁単位での乱丁や落丁や天地逆などもおき得るのである。
この二年間に幾度かこうしたトラブルに遭遇し、決断した。
この間に、試行錯誤を継続しつつ、内製化のプリプレスデータを本格的なものに発展させた。
ほぼ大手出版物のそれと同レベルのデータ化をしている自信もついて、本格的な出版印刷・製本設備整備のローヤル企画さんに話を持って行ったのであった。

現在は本格的なCTP刷版運用による印刷と、本格的な網代綴じによる「折本」と「丁合」を経た製本作業になり、本格的な上質の雑誌が出来ている。自慢の美しい冬雷である。
冬雷短歌会文庫にしても、01〜03までは「S企画」、以後はローヤル企画さん担当である。比較すると「違い」歴然とある。現在、文庫シリーズに参加される方は、そういう意味でもラッキーだろうって思っている。ローヤルさんは文庫制作についても確固たる技術を備えている。冬雷の別冊付録文庫が、歌壇で評判の美しい「本」である所以である。

まあ、こんな詳しくは述べなかったが、D社長には、しっかりしたローヤル企画さんの仕事に満足していると申し上げた。D社長は「じゃ印刷関係であって編集関係じゃなかったんですか」と仰有る。「そうです、出版印刷業界です」と答える。
実はD社長ご自身が印刷業界出の方であって、ローヤル企画さんとは古いお付合い、「Mさんともよく会って話をする」という関係であった。
「わたくしはローヤルさんのM社長にご挨拶したことはありませんので営業の方を通じて」ですと答える。

やはり世の中は狭いものである。どこで繋がってしまうか、驚くばかりだ。
こんな簡単な遣り取りだけだったが、何かD社長に親しみをつのらせた。
同じ出版印刷業界に関わったお一人、というだけで……

でも、このごろよく考えるが、印刷業界は厳しい状況になっている。
町の小さな工場などは、申し訳ないけれども、見通しは明るくない。
どんどん廃業ってことも続きそうだ。
そうなると、短歌雑誌などの極小ロットで、商売になり難いものは、だれも印刷してくれなくなるんじゃないかって危惧される。印刷はともかくとして、実は製本工程がやっかいなのだ。印刷は出来ても自前の製本設備が無ければ刷本の転送が行われる。手間も金も掛かる。その製本業界にしても、どこまで生き延びられるかが問われている。ローヤルさんにはそういう問題が無い。
というような意味も含めて、今後はどうやって印刷所を確保するかが問題になるってくるだろう。

そんな時代へ向かってイメージされるのは、デジタル印刷機のインラインに組み込ませた印刷+折+製本の一括作業システムへ委ねることであろう。
いま、大手出版社でも急速に技術改革が進められ、数百部程度の極小ロット重版をどんどん掛けて制作しているようだ。こういうシステムに助けてもらい、極小部数短歌雑誌を制作するしかなくなるだろう。

が、そういう方法へ舵を取るにも、印刷用にプリプレスデータの完全制作の技術は確保していなければ簡単じゃないことになる。
冬雷の未来は、明るいか? 暗いか?
はっきり言って、よくわからない。
[PR]

by t-ooyama | 2016-07-25 13:41 | Comments(0)

<< 活発ですね 本日発送 >>