今日決まりました

にわかに動いて、次の七月号以降の、掲載作品対象の各「作品欄批評」陣の変更が決まりました。
以下の様になり、他の方は継続です。

冬雷集  中村哲也氏 → 江波戸愛子氏
月 集    小林芳枝氏 → 水谷慶一朗氏
作品二欄 中村晴美氏 → 酒向陸江氏
            赤羽佳年氏 → 髙橋説子氏
作品三欄 水谷慶一朗氏 → 小林芳枝氏

となります。水谷氏と小林氏は担当チェンジです。
水谷氏についてはかつて「春雷集」発足時より、その欄担当の批評を受け持たれ、その欄が無くなってからは、「作品三欄」の担当に変りました。ざっと21年の永きにわたり重要な作品批評を担当されています。これほど永く、休み無く、批評担当された方は他にいらっしゃいません。冬雷歴史を作った恩人のお一人です。
今回は批評は続けて頂き、対象作品欄の方を替えました。
「月集」というのは、各作品欄からの頑張った作者、印象深い作品、将来的に期待度大、という作品群です。
ここでも永年の歌歴に裏付けられる辛口批評は光を放つでしょうね。
小林さんは、現在作品二欄の選者で、「月集」の批評をするのは、自分が推挙した作品をも対象とする書き難さがありそうでした。三欄なら、完全に選歌に関与しなかった作品ばかりなので、新鮮な気持で書けるかと思い、このチェンジは意味が深いと思います。皆様、ご協力頂き有り難うございました。感謝します。そして、新体制の事、
皆様、どうぞ宜しくお願い致します。

編集室では、現在預かっている冬雷文庫テキストはありません。
幾つかお話は伺っておりますが、実際にテキストなり、プランなりが具体的になった段階でラインナップナンバーを与えますので、次の「026」は未定となります。
今まで幾度か誌上でお知らせしましたように、次からは本文体裁を基本的に変えます。以下の見本のように一首二行記載の一頁四首組みを想定しています。これですと概ね300〜350首をレイアウトできそうです。
そういう基本を考慮してご計画下さい。


c0216213_22235452.jpg

なお、ちょっとした雑談的ひらめきから生じた話ですが、小川照子さんの『柊の家』で本文内の写真が多く、その再現性を考えてコート紙を使ったのですが、好評でした。そこからああいう用紙を使えば写真集なども面白そうだ、となりました。
小誌では、関口正道氏の本文写真が親しまれていますが、あのアイテムを活かして「短歌+写真集」を制作しては如何なものかという話になりました。
今の状況は毎月5葉のセット写真を使って、撮影者の解説、意図が載っています。
これだと一年で60葉の写真が揃う事になります。この数は膨大です。どのように配置するかとか、取捨するとかの再構成が行われる事になります。それは結構大変な作業ですから、簡単じゃない話です。
ただの写真集じゃなくて、短歌性を加えねば短歌会としての刊行の意味も弱いですから、さらに難しい話です。
話は投げられた段階ですが、急がずに考えて取りかかれば、所謂「はり」というようなものが生活に生まれます。
そういう「はり」って、生きて行く上で重要ですよね。

会員の皆様が、こうした目標とか、「はり」とかを蓄えて頑張って下さる環境を作りたいと、いつも願っています。

いろいろ思いつくままに書きました。
こういうことを書きながら、わたくしも何か「はり」を感ずる時間を過ごしましたよ。

[PR]

by t-ooyama | 2017-06-14 22:39

<< 校了 今年も面白いぞ >>