初めての花

c0216213_14424442.jpg
週に一度ほど通過する鶴ヶ島脚折近くの県道脇に、地元の土建会社があり、その出入り口近くに、建物に沿って地植えされている巨大なサボテン。
三十年以上前からその珍しい地植えのサボテンは知っていましたが。このあたりは冬期は凍結したり雪もふります。
そんな激寒の季節があるのにサボテンが地植えされている。しかも元気に青々と伸びしげり、葉っぱは無いけれども、がっちりした古い茎、そして毎年伸び出ずる新しい茎が手を携えあうように天を指して伸び広がる。興味深い風景でした。

そして今年。
驚いた事にびっしりと花をつけているのです。
ここひと月ほど前から「あれ」って思い見ていたのですが、交通量の結構ある道脇なのであっという間に通過します。
でも昨日はちょうど信号待ちの渋滞に見舞われ、ちょうどその目の前に停止した状態の車のなかから、撮影できることになりました。あっチャンスと思い、大慌てでの撮影で綺麗に写りませんでしたが、この写真です。

すごいサボテンでしょう。
その立派さに感動です。
そしてこの咲き続ける花の多さ大きさ。
一体なにがこの花に起こっているのか。
何かよい事があるのなら良いのですが、花に精しくないわたくしは判りません。

でも驚きの体験でした。





[PR]

by t-ooyama | 2017-07-28 14:52

<< 30首詠他 締切厳守・欠詠しない・欠詠の関係 >>