30首詠他

連載中の「今月の30首」。
この企画では一回のみの参加で一度出た方の二回目三回目は考えない。
できるだけ広くの層へと、頑張れば作ってくれるだろうという目算があっての依頼を出す。
今まで断られた事も幾度かあり、諾否、何の返信も無く、提出してくれた方も幾人かある。
なかには当方で選歌が可能なように少し多めに出して下さる方も入るが、大抵はきっちり30首しか送って来ない。
みなさん自信がおありなのだろう。
文法の間違い、あきらかな誤記、一首全体に意味不明以外はおおむね原作のママ掲載する。
早めに提出して「一度目を通して欲しい」という方もいて、もちろん了承する。
この依頼は準備期間もあろうから、早めに依頼を出すが、即刻投稿される方も幾人かいた。
色々いらっしゃる。
でも不思議なことに、通常の投稿では到底すべて掲載は無理という方でも、30首となると結構全部掲載するレベルの作品になって来る。気合いと、投稿前の見直しや推敲が真剣になされるのであろう。
素晴らしい事である。

驚く事は90歳前後のご高齢の方が良い意味で想像以上の頑張りを見せてくれる点である。次回掲載予定の池亀さんの場合も人間性のにじみ出る前向きパワーがイッパイの一連となっている。
こういうのをよく読んで、若い方も刺激を受けて欲しいものだ。

さてさて、このところ小生の血圧状態が芳しくなく、午前中はぼんやりしている。
毎週一回程度お午頃に計測するが、

7月13日  89  48  脈拍数 70

7月20日  85  48      70

7月27日  78  46      66

という具合。
27日の日はさすがに少し後頭部が痛んで不安な気持になった。
有酸素運動を意識的にして上げるようにしている。
すこし躰をうごかせば汗が滝のように出る。
すると上が100程度まで上がるのでまあまあである。

血圧が高くて180だ200だという方がいらっしゃって、困って居るらしい話も聞くが、その状態が理解できない。
小生等100程度に上がっただけなのに胸がどきどき・ハーハーなのである。

良いのか悪いのかわからないが、そういう現状なので受け入れていくしかない。
  
 


[PR]

by t-ooyama | 2017-07-29 12:27 | Comments(0)

<< ひさびさ 初めての花 >>