台風一過

今朝は目覚めて外を見たら晴天。空は青々、空気は澄み切り、湿度は低そう、気持は晴れ晴れ、の台風一過のおもむき。
目覚めて直後の後頭部の重さは、たぶん低血圧のなせる悪戯で、すぐに飛んで行った。
昨夜かなり遅くに会員Nさんの超長いmailを着信して(この方のものはいつもパソコンとケイタイに同時に入る。どこにいても圏外に逃さない、という強い意志の籠ったもの)、その確りした文体に感心してしまったが、余りに長いので疲れて寝てしまった。お陰で昨夜は睡眠のサイクルが約一時間ほど伸びて四時間程度になり、一度目覚めた(5時)だけで次が9時半だった。比較的良く眠れた感がある。
先ずパソコンを開いて行動始動。
このブログの効果があったか、一名の緊急投稿あり。
どうやら体調を崩されて入院、手術、退院の慌しい日々だったご様子。
そういう内容の歌が並んでいる。でも、何故か前向きで結構ユーモアもあって読者をホッとさせる配慮もある。
○の多い一連だった。
あらためてNさんの超長文mailを読み直し、これに返信を打つと再び長文のmailが戻りそうなので、止めておく。
こうした長文mailが「超短い」と驚くようなものに変化した時に、この方はいよいよ「本物」になりそうな気がする。
長文mailは短歌作品の饒舌化へと繋がるものがある。

事務局から新入会の方の情報続々である。直接の資料請求が発行所にも時々入り対応しているが、会員の方の御紹介がかなり多い。小誌運営にご協力頂き御礼申し上げる。
ご入会下さった皆様の「意欲」を大切にする誌面を作り上げて行きたいと思っている。

順調に選歌がすすんで、ほぼ目処がついた。予定より少し早く進む。
今日で原稿を締め切って割り付け、次の行程へ回すことになる。



[PR]

by t-ooyama | 2017-09-18 11:04 | Comments(0)

<< 歌集/歌書御礼 雨の日曜日 >>