明日は18日



二月号の締切は過ぎた。レギュラーの遅着組があって、今頃近くの中央郵便局辺りで仕分けされ居るかもしれない。
どうしてこういうラクスがあるのか、困るが、締め切って明日は取りまとめ、テキスト打ちに回す予定。
締切とはシャットアウトである。ドアは閉ざされた。
小生の方が怠けて遅れている作業がある。
文庫の新刊、大塚亮子歌集『幸せの黄色』の制作である。
選歌が一段落してちょっと暇になり少し手をつける。
こちらは本文160頁になる予定。
題字も今回は毛筆となる。大塚さんの書の師である茅島懐雲先生の揮毫である。
前歌集『日盛りの街』(平成22年 短歌新聞社刊)の時もそうだった。

今回は縦と横のふたつが用意されていたが、カバー用の画(丹羽綾乃氏)とのバランスを考えて「横」を使わせて頂いた。
画は秋明菊を描いたものというが、何か全体にかすみが掛かっており、とてもデリケート。
再現するに非常に難しいものとなっている。
スキャンしてJpegで保存。PhotoshopでCMYKの四つに文色する。
それを編集ソフト、インデザイン画面に貼付けようとするが、どういうわけか何をやっても拒否される。
すっかり困ってしまい、試しにケイタイで撮影してPhotoshopで加工したものを作ってみたが、こちらは動いてくれた。
でもケイタイ写真はまともに真直ぐにならないし影も出る。とても使えない。
リセットして、再度普段使わないMac G5 を起動してスキャンする。
それを現在主に使うMac へ取り込み、再度Photoshopを使って作り直す。今度はPsdで保存する。
またまたインデザイン画面へ取り込みを計るが、二度拒否される。状況を変えるしか無いと思って、画像をフォルダー「大塚亮子歌集データ」からデスクトップへ移動させた。
そして取り込みに成功した。

いやはや、何が何だか解らぬままに悪戦苦闘して、やっとのことで、こんな簡単な作業がひとつ進展した。
その画が下のものである。これだけ苦しむと逆に愛着が湧くから不思議だ。

c0216213_20145844.jpg
上はMacでのスキャンしたものから加工。
下はケイタイでの撮影からの加工。
全く違う。
やはり上の方が良いのは、一目瞭然だ。
c0216213_20150501.jpg
題字は下のようになる。

c0216213_20271035.jpg















[PR]

by t-ooyama | 2017-12-17 20:22 | Comments(0)

<< 発送に失敗 新表紙絵 >>