2016年 01月 23日 ( 1 )

ダンボール三つ

きょうは午前十時にダンボール三つの荷物で届きました。
配達の方に中に入れてもらいましたが、わたしが奥に運び入れようとしたら、すごい重さで持ち上がらず、その場で開いて中味を少しずつ運びました。この程度の荷物ならよいしょって持ち上げた若さが懐かしいものです。

昨日手続きの説明のためにシールや伝票を持って来てくれた担当のドライバーの方でした。
昨日というよりは、就寝したのが早朝だったので、チャイムで起こされ、白髪振り乱して、目を腫らしながらフラフラ出て行ったので、その状況があまりにも異常だったと見えて、
「大丈夫ですか?」
って、言われてしまいました。みっともないことです。

きょうも同様だったのですが、睡眠が十分だったせいか、何も言われませんでした。
とりあえず準備完了。
「これが運ぶ荷物ですか?」
って、聞かれました。
「はい。でもきょうはやりません。明日お願いすることになります。
と応えました。
担当の方は、三十代くらいのやさしそうな男性です。

明日は東京からお二人がみえて、一緒に配送します。
だぶん、雪は降らないでしょう。

皆様、すこしお待ち下さい。
[PR]

by t-ooyama | 2016-01-23 21:59 | Comments(0)