<   2011年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

建国記念日

今日は確か建国記念日だよね。
ああ思い出すな~
初めてこの日が復活して定められた日のことを。
わたくしは御茶ノ水の神田明神のすぐ傍の活版印刷工場に勤めていた。
下が機械場で、二階が製版・・・つまり、文選・植字(ちょくじ、と読む)・解版という職場。
歩くときしきし音がする木目の浮いた床の上での作業だった。今にも倒れそうな粗末な建物の、木枠の窓ガラスの外には、雪が霏々と落ちていた。

  声あげて石を投げ打つこともなく小工場に立ちて働く
  関はらぬ立場をさらに押し通すほかなくのぼりゆく植字場へ

こんな歌をつくっていたころ。学生運動盛んな時代。お茶の水の駅周辺は、しょっちゅうデモ隊と機動隊がぶつかり合っていた頃で、わたくしは勤労青年・・・だったから、関与しないが、

  催涙ガスよどむ広場をよぎり来て涙はいづる恥づかしきまで

という経験もした。俺はこんなふうに戦うことも出来ないで、意志(石)も投げないで、ただ生活のための、少しの金を稼ぐためにあくせくしている。これでいいのか? なんでこうなんだ。チクショウ、なんだこの涙は・・・
という意味の歌である。

建国記念日ってさあ・・・昔の紀元節だよなって言うおっさんがいた。そんなの知るか・・・って思ったが、まああまり「いい日の復活じゃない」という雰囲気で居たのはたしかだ。
最初の建国記念日の日が、すごい雪だったので、こうして鮮明に覚えているのだろう。
でも、その日の雪を植字場の窓から見ていたのだから、あの日は出勤だったのだ・・・当たり前だけどね。
大昔は祭日といったって結構働いていた。貧しかった日本の話である。

そして今日も、朝から雪が降っている。
[PR]

by t-ooyama | 2011-02-11 22:37