<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

特集 冬雷誌上に見る 3・11 のこと

寒い日が続きます。今日は冷たい雨が降っています。
さて、特集号に沢山の方の参加を感謝します。でも、締切りを守らない。特集の意図をよく読み取っていらっしゃらない、常識を超えた長文である、人様の作品を挙げるのだからくれぐれも誤記のないようになどなどの面に於いては少なからず課題を残しました。
締切りを十日も過ぎているのにアンケート用紙が届く・・・というのに困惑です。
こうした特集になると、校正も半端でなく大変ですから、なるべく時間を取る必要があり、出来るだけ早めに出さねばなりません。そういう意味での締切りなのです。それが十日も過ぎても「届く」では予定も何も立ちません。
ぎりぎりまで待って、初校を担当の(小林さん・桜井さん)にPDFで送信しました。
組版のデータ制作も編集室での「テキスト打ち」です。久し振りに沢山の手書き原稿をワードに打ち込みました。ここでの単純誤植や変換ミスもありますので、校正担当はとんでもなく大変だろうと思います。取り上げられた作品は冬雷のほぼ一年間の全作品が対象ですから、それを全部確認調査する等殆ど不可能です。申し訳ないのですが、執筆者かテキスト打ちのミスによる「間違い」は出ます。
この点を予めお詫びしておきます。

申し訳ありません。謹んでお詫び致します。

一つの短歌結社で、その一年を振返り「それぞれの3・11」を考えれば、歌壇の3・11も総括されるのでしょう。そういうことも意義あります。
現在35ページ分の初校となっておりますが、読みごたえありますよ。
[PR]

by t-ooyama | 2012-02-25 12:15 | Comments(0)

憩いの場が消える?

わたくしにとって大変重大なことになりそうです。
いきつけの、幾つかの珍歌? をもたらした素晴らしいファミレスの「サイゼリヤ」○○店が突然真っ暗な一角となっておりました。どうやら店仕舞のようなのです。近くにも××店があるので、統合するのかもしれません。
結構はやっていたように見えましたが、そこは厳しい外食産業というものでしょうね。第一安すぎますしね。ドリンクバーなるものを頼めば何でも呑み放題でいつまででも放り出されないというのは・・・・ね。
客としては有難い場所なのだけれども、やはり利益の出にくい面はあるのでしょうね。

今後は突然の来客の時に連れて行く場所もなくなって少し困りました。
わたくしに、その感心しない生活スタイルを、この際大きく転換させよ・・・という神のお告げかもしれません。
神は大胆なことをするものです。

明日は早く起きて、一時間程度歩くつもりです。
歩くと頭のリフレッシュになりますよ。
あたらしい憩いの場を求めて・・・
[PR]

by t-ooyama | 2012-02-15 23:43 | Comments(0)

4月8日のことなど

昨年の6月からずっと続けていた早朝の歩行も、厳しい寒のなかでは、むしろ体に悪いかと思って取りやめ、遅めに時間をずらしたり、休んだりしています。猛暑の季節は昼間に歩くのが体に悪いのと同じで、厳しい寒さの早朝に歩くなど勧められないことだとも思います。

さて、4月8日のお祝いの方も次第に形が見え始めました。
ご意見やご協力を戴いた編集委員の方々に御礼です。
簡単なプログラムを3月号に掲載します。
まだ、時間的に余裕があるので、さらに詳しいことは、これから話し合います。
ただし、参加者数を早めに把握せねばならない関係もあって、
こちらの申し込み手続きは、同封の振込用紙を利用して戴くことになりました。
よろしくお願いします。
体調不良とはいえ、大事な場に欠席したに関わらず、いろいろ決め事を進行してくださり改めて御礼申します。
では、詳しくは3月号にてご確認ください。
皆さまも、お体に十分ご注意願います。
[PR]

by t-ooyama | 2012-02-14 09:59 | Comments(0)

欠席します

本日朝から体調不十分で、微熱と洟がとまらず、それでも歌会に行くつもりで、途中まで参りましたが、ついにダウンし戻りました。
事務局に電話してそう勧められました。
必ずいくと言っていたのに申し訳ありません。
いろいろな決め事は、出席の皆様に一任です。
よろしくお願い致します。
熱は36.5程度ですが、頭の右側がズキンズキンします。

これから布団に入って休みます。
とりいそぎ、お詫びの連絡です。
でも、もう遅いですね。
[PR]

by t-ooyama | 2012-02-12 12:42 | Comments(0)

歌会は

熱は36度少々でほぼ平熱。ただし洟がたまり気味です。むかしから、洟が出るようになると本格的に快方に向うので、良しとします。
気になるのは右側頭部の頭痛です。意識するときーんと痛みます。
これから眠れば静まるかもしれません。
歌会には出ます。マスクをかけてですが。
いろいろ皆さまのご意見を伺う必要があります。
絶対に休めません。
ご迷惑でしょうが、マスクをかけてまいることご容赦くださいね。
ただの風なので、うつりませんよ。
じゃ、みなさま、よろしくお願いします。
楽しみにしています。
[PR]

by t-ooyama | 2012-02-12 00:09 | Comments(0)

冬雷誌上に見る3・11

この二日ばかりとてもよい天気で過ごしやすかった西埼玉です。
と言っても、わたくしは油断から熱発し、最高到達体温が39.0度でした。最近記憶にない高熱から二日ばかり寝たきりで、節々の激痛と、後頭部の異常などんより感との戦いでした。
今はどうにか平熱に戻っています。
編集室には今週初めて来て郵便物の確認をしました。
ポストから溢れんばかりの封書、葉書、ダイレクトメール、寄贈書、チラシ、回覧板などでした。
通常郵便だけならよいのですが、最近は宅配メールが沢山の本や大型封筒を配達するので、わたくしの部屋の小さなポストはすぐに満杯です。どんなに忙しくとも最低週二回は見に来ないとイケナイのです。今回は悪性の風邪による熱発で、まあ仕方ないのですが・・・

さて、山の様に届けられるのが四月号に予定している特集「冬雷誌上に見る3・11」のためのアンケートです。すでに30人を超える方々が反応して、熱烈な回答を寄せて下さっています。これは、ここ数年覚えのないほどのビッグ特集が組めるかもしれません。
3・11から、間もなく一年になろうとしています。
復興は遅々として進みません。東京電力は、よくまあ、そんなことが言えるよなあ、という殿様商売でふんぞり返り、政治家は国難というべき事態にも相変わらず足の引っ張り合いばかり。増税は確かに希望できないけれども、じゃ、当面必要な経費はどこから徴収するのかということも考えない反対をぶちあげるばかりでは現実的でありません。
というふうに、どんどん月日が流れていくのです。

冬雷もこの一年を振返り、会員(友人たち)がどのように「3・11」を歌い、どのように大変な日々を過ごしてきたのかを精査し、今後へ向けてはっきりと意志を「ぶつけあいましょう」という企画なのです。沢山の方が反応するのは当然です。
編集室では、可能な限り皆様の声をそのまま誌面に反映させる覚悟ですが、「今を歌う」という作品などに於いては特に選歌に似たことを致します。寄せられた作品がすべて掲載されるわけじゃないことをどうぞご理解頂きたく思います。企画に沿っての取捨はご一任下さい。
アンケートも実に興味深い内容になっております。こちらの取捨(削除)は常識を超えた長文の場合に限られます。
そこでお願いですが、既に頂いたアンケート用紙の中には、明らかにワード文書がお手元に有りそうな方もいらっしゃいます。そういう方は、できましたらその元文書をメールに貼付けて編集室まで送って下さい。テキスト打ちの手間を省くことと誤植の防止ができます。
よろしくお願いします。

さて、六〇〇号特集ですが、ホームページにアップされたPDFを組版用の大型ディスプレーで開いてみましたら、本当に綺麗なものでした。あんな小さな文字や真っ暗な写真が、はっきりと表情が見えるまでに明瞭に再現されるのはびっくりです。雑誌で見るのと別の醍醐味を味わえますね。
[PR]

by t-ooyama | 2012-02-10 23:21 | Comments(0)