<   2015年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

八潮市垳

今日は13時に八潮駅前に待ち合わせて、高田さんの案内で川又さんを訪ねました。
八潮は昔、会員の安藤さんがいらした地で、お亡くなりになったときは、たしか近くの谷塚斎場で冬雷の友人たちとお見送りしたことを思い出します。安藤さんはお亡くなりになった後に、奥様の強い御意志で、遺歌集として、冬雷綴込み歌集『続茫々』を編みました。よい男であり、すばらしい才能の炸裂する歌集となりました。懐かしいなあ。
なんて思いつつ、駅前の広いロータリーあたりを過ぎると、突然同行の森藤さんが転倒し、あっと声がおきました。転倒して骨折というケースは最近も友人にあったので、ひやっとしました。森藤さんは小林さんに労られながら、自力で悠悠と立ち上がりまして安心しました。

高田さんを先頭に小林さん、森藤さん、そして私の四人です。
そこには大きな道路が貫かれる予定地なのでしょう、すぐに行き止まりになっているので車は来ませんが片側2車線の見込まれる未完の道路へ100メートルほど入った所に、川又さんがいらっしゃる建物があります。住所は八潮市垳(がけ)、というところ。大昔は、このあたりが海岸線であり、きっと、その地名に因むような立地をしていたのかもしれません。裏付けるように、
早稲田大学社会科学総合学術院教授、笹原 宏之氏の話ですと、

がけ」という語に「崖」という漢字が当てられたのは、江戸時代も半ばになってからのことで、「がけ」と訓読みする字としては、元禄時代以前から現れる「垳」の方が早いのであった。ある新聞社の方とそこを訪れてみたところ、確かに「がけ」のような斜面を川岸にもつ大きな中川のほか「垳川」が流れていた。現在では立派な「垳川排水機場」も設けられている。「垳」は八潮市内の大字(あざ)で、その地の常然寺には「垳の万人塔」も建立されている。

とあります。この「垳」という字は、この地名以外には稀に「姓」に使われるだけのとても珍しい字で、漢字ではなくて日本で作られた「国字」だそうです。
川又さんのお陰で、ひとつ物知りになりました。

建物は三階建てです。その二階にいらした。まだ建って間のない新しさです。
受付で手続きをして、室に向かいます。エレベータを出て右へ行き、その突き当たりの右側の室です。
川又さんはベッドのなかで、冬雷を枕元に置いて眠っておられました。
広めのワンルームにはベッドと箪笥を据え、大型の鏡のついた洗面所や、広めのトイレットが設備されています。高田さんが気をきかせて持ち込んだ歌集『低き山々』をテーマに描いた故加納久画伯の油絵が飾られています。この画は「冬雷」の表紙画として描かれ、後に文庫版歌集『歳月』の表紙カバー画にも使った素敵な画なのです。

あらまあ、よく来てくれたわねえ。
と、元気そうな笑顔を作ります。
あなたのそのバッグ新しくしたのね。まあ、いいベストを着てるわねえ。
という感じで、相変わらずファッションにはめざといですね。
まあ、体調が良くて順調だということだ。安心しました。
室内を歩いた時に転倒したと言って、おでこのタンコブも見せてくれました。
森藤さんも、川又さんも転倒して、
大きなことにならずに、よかったなあ、とつくづく思います。

長居はよくないから、早めにきりあげて別れを告げました。
今日は29日。
今年も残すところ二日です。
側に誰かが居て、激励すれば、短歌は月に十首くらい作りそうです。
でも、選歌、添削となると、現状では無理だなという感じでした。

まだ、明るいうちだったけれど、今までの高田さんや皆さんのご尽力に感謝しつつ、四人で、
駅前のレストランで、イッパイ飲ませてもらいました。

皆さん、本当にお世話になりました。
[PR]

by t-ooyama | 2015-12-29 22:11

浅間嶺

新表紙画の「浅間嶺」は印刷もうまく再現されていて重々しいなかに華やぎがある。
木島茂夫の眼が浅間嶺のどこの部分に「肉色」を視たのか。
するどく切れ込み深い山襞をボーと見つめながら考える。裾野の元には若葉のわかみどりが広がり、
雪をいただく山頂の上には、鮮やかなスカイブルーと白い雲。
そらの青さが、ほのかに山裾に反映し、もやがかっている。
良い画だなあ。
この一年も、この表紙画に負けないような素晴しい誌面を作らねばならない。
皆様。一緒に頑張りましょう。

川又さんは、新居に少しは慣れられたのかもしれない。
来週は一度、退院祝いを兼ねてお尋ねしたい、と思っている。
小林さんと相談して、川又さんの体調がもとの状況に回復するまで、
作品三欄の手書き原稿会員の選歌を、大山が代行することに決めた。
3月号掲載用の三欄原稿は、
大山宛にお届け下さい。
いま、編集中の2月号には、このように書くことになっている。
[PR]

by t-ooyama | 2015-12-26 22:26

現状は

新年号は金曜日に納品される予定で、当日のうちに発送の準備中です。
わたしの判断ミスで、今月も豊洲よりの発送となり、小林さん、森藤さんにお世話になります。
契約申請書に対しての審査や手続きにたっぷりかかるようです。

川又さんは本日無事に退院されました。
高田さんからの情報ですが、
ドクターや周囲のケアマネジャーさんのお取り計らいで、
退院後に豊洲には戻らず、新住所の方へ行かれました。
八潮の駅近くだそうです。
今回のことでは、高田さんや大塚さんには、大いに助けられました。
実の子供でも出来かねるようなきめ細やかな動きで、
川又さんを助けました。冬雷としても、感謝せねばなりません。
御礼申します。

編集部としては、発行所に溜まっている冬雷関連の書籍やバックナンバーについて、
整理して、川越に移動する必要があって、調査してもらいました、
すでに大方は処分されていて、さっぱりしていたようです。
ちょっと手配が遅れたのも、わたしの判断ミスです。
ご高齢ともあって、いったん寝込むこと等あると、一気に衰えは襲います。
高田さんの話では、もう選歌も無理だろうということです。
ご自分から「無理」という声を聞くまでは、お任せしようと思っていましたが、
その日は突然に来た感じです。

運営に影響が少ないように、適切な判断をどんどんしていかねばなりません。
3月号からは、わたしが選歌を担当する予定です。

ひと先ず、現状を記しました。
[PR]

by t-ooyama | 2015-12-22 18:46

川又さんは今

皆様

月例会で、高田さんから報告がありましたが、
川又さんは、未だ入院中です。例会も欠席でした。
でも、選歌はベッドの上でなさっているとのこと。
御安心下さい。

病室は事情があって、面会時間に制限があって、
なかなかお見舞いも叶わない状態です。
ご理解下さい。

冬雷はいま、二月号の原稿が集っていますが、
新年号に記載した関係で、
田中國男さん追悼文を、
2月15日締め切りで受け付けます。
ご交流のあった方、お世話になった方も多いでしょう。

沢山寄せて下さい。
[PR]

by t-ooyama | 2015-12-14 19:49

木島先生の命日

本日12月9日は木島先生が84歳でお亡くなりになった命日です。
早くも十六年が過ぎました。
今年は生誕百年記念号や、記念合同歌集を刊行して、特別な年でした。
合同歌集からは新しい実力作家が生まれました。
嬉しいことです。
そして初めて先生のお眠りになるお墓をお参りしました。
これも格別のことでした。

あらためて先生へのご恩に感謝するとともに、
どうか、新しい冬雷の今後を見守って下さいと、お願いしたいものです。
わたしが、いよいよ冬雷の発行所を引継ぎましたが、
発行所という襷を、次の世代へ必ず引き渡す覚悟を噛みしめています。
引継いですぐに、次へなんていうのは変ですが、
わたしもすでに若くはありません。
父が亡くなった年にも迫りました。
兄が亡くなった年までも三年です。
斎藤茂吉が亡くなった七十歳等もすぐそこです。
一日一日、今日が最後でも良いという気持で生きています。

お陰さまで、まだ余力は残っているようですが、
力が残っているうちに、襷はリレーされるのが望ましいですね。
冬雷の未来に希望一杯です。
頑張ります。
[PR]

by t-ooyama | 2015-12-09 23:38

訃報

良い知らせではないのですが、
田中國男さんが亡くなられました。
本日娘さんからの連絡が入りました。

11月29日、97歳で永眠しました。
子供たちに見守られて苦しむこともなく静かに
息を引き取りました。

とあります。
97年間、与えられた生を
頑張り、堪能し、また楽しみながら、
駆け抜けた方だと思います。

記してありませんが、すでにお通夜、告別式を
執り行なった後の連絡だと思います。
頼りになる立派な精神的柱を亡くされたご遺族の皆様に
心よりお悔やみ申します。


冬雷も、大変お世話になりました。
木島茂夫、長谷川豪、そして田中國男さんは、
お酒と歌の、よい話し相手で、
一緒にお酒を飲んでいる
楽しそうな所を思い出します。

今度は天国で、飲み会や歌会をされるのでしょう。
本当に長い間有り難うございました。
本当にお疲れさまでした。

ご冥福を、お祈り致します。
[PR]

by t-ooyama | 2015-12-08 17:16

初校でした

本日三人で初校をしました。
昼飯を近くの「すき家」まで歩いてゆき、済ませました。
ひとりで行くより三人の方が楽しいですね。

その後、新発行所に戻って作業です。
あらかじめ訂正箇所は連絡されているので、ここではその確認と、
同時に原稿と見較べながらのチェックです。
わたし的には、生の手書き原稿を見るのは久しぶりです。
添削が入って真赤な原稿もあります。
こんなに赤字を入れる旺盛なサービス精神には驚きますが、
そうして添削して整えた作品を掲載するの如何なものかという気持はもちました。
添削はサービスですが、そのまま添削びっしりの歌を掲載するのはサービスじゃないのじゃないかと
思いました。

一通り見終わってから、直ぐにわたしがネイティブデータに訂正を入れ、
直ぐにプリントして、それをまた皆さんでチェックする。
つまり再校を致しました。
その上で、訂正漏れ等を打ち直し、赤字の全くない状態にして、
そのプリント出しを、校正担当者に持ち帰って貰います。

ご自宅での最後のチェックをしてもらい、お仕舞です。
予定だと9日頃が下版でしょう。
午後6時頃に作業終了。
途中、わたしが川越名物の「さつま芋」を蒸かして食べて貰いました。
緊張のなかのホット一息の瞬間でした。

例会終了後の第三週に都幾川町「慈光寺」の土屋文明の墓をお参りする話も決めました。
十二月は、8日が文明の命日、9日が木島先生の命日です。
慈光寺に行って、川越での編集委員忘年会、という案です。
[PR]

by t-ooyama | 2015-12-06 23:34

富士山

今朝は快晴で、久しぶりに富士山が見えた。
やはり富士山は気持がよい。
住いのガスの点検が来るので、準備して待っているが、
いよいよ十二月なので、何か慌ただしい。
新発行所となるので、ここでの仕事も増えそうだ。

校正作業もここで行う予定。
担当の皆様、宜しくお願いします。

今の予定だと、今週末になるかもしれない。
印刷所も忙しい歳末なので、
早く入れないと困るだろう。
頑張ります。
[PR]

by t-ooyama | 2015-12-01 11:55