<   2017年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

予定

つぎつぎと予定をこなして行く。
この月末は月曜日午後から不在で、31日深夜に帰宅予定。
この期間は十月号のテキストが初校を経て着信するあたりだが、事務局には「不在なので31日夜までに送信してもらえれば良い」と告げてある。編集室に帰宅した直後から作業に掛かり、九月二日の夜には再校データの配信をする。極めてハードけど、必ずやる。後が詰まっているのでやるしかない、のだ。
発行所に集合しての校正は4日(月曜日)まで決まっている。
印刷所へのデータ渡しは、週半ばとなろう。
十月号は『柊の家』の批評特集となり、見込みでは総数18頁ほどになる。
活字の大型化に向かっているので、今回の特集より、特集頁の活字は9ポイント3段組みとなる。
つまり、今までの作品欄批評のサイズである。少しは目に優しくなるだとう。

九月の月例会の後は「編集委員会」を予定。
さし迫っている大会の最後の打ち合わせとなる。
編集委員会賞の選考。
来年への各作品欄昇格者の選考。
なども合わせて行う。
この二年間は、大幅に作品欄昇格の異動を行ったが、今回は、少し抑えて、
冬雷集へ 1名。
作品1欄へ 3名。
作品2欄へ 5名。
程度となる見込み。

着々と、選考資料が集って来ている。


[PR]

by t-ooyama | 2017-08-27 21:01 | Comments(0)

日射しがヒリヒリ

皆様

お元気ですか。
昨日今日と凄い日射しでヒリヒリするくらいです。

このところ入会を考えているので見本誌を送って下さい、というお便りがよく舞い込む。
新会員増加運動をしているので、会員の方がいろいろ考えて、お友達等を紹介して下さるというのも無論あるのだが、
歌壇メディアに出している冬雷の広告をご覧になってというケースが多い。或はこのHPも参考にしていらっしゃるのかもしれないが、いわゆる「直接入会」という形になりそうな方々である。
見本誌をお送りして、甲斐あって「入会」に至ることもあるが、そのまま音沙汰無し、も結構ある。それぞれ評価基準がおありで、複数の見本誌を見比べて選していらっしゃるようである。
見本誌をお送りする時に簡単なメッセージを添えている。当方は掲載作品の活字の大型化を考えて来たので、読み易いですよ、そのあたりをご覧下さい、ってアピールもする。
アララギ系ですか? っていう方もあるので、そういうふうに歌壇では分類しているようですよって答える。
歌壇の結社誌は凄い数だが、○○系をでかでか打ち出しているところ、ほとんど記載のないところ、様々だ。
でも、今の短歌は、○×系云々に関係ないほど、似たり寄ったりの歌い方が見られる。
○×系などあまり意味がない。冬雷のモットーである。

「下手でも良い。自分の歌を作れ」

を打ち出して、作者の人間臭のあふれる作品を目指したい。
そんな郵便物一束を持って、暑い日射しの中へ出て来た。

ちょうど、このHPでお世話になっている会社から「契約更新」の案内が来たので、一緒に銀行から振り込もうと思った。
それで標記の「日射しがヒリヒリ」を実感したのだ。

明日午前中に最新号の納品があって、午後から即日発送の手順である。
編集室は、10月号の原稿を平塚に回して、そのデジタル化を待って居るところ。
次から次への予定がすすむ。

頑張らなくちゃ!


[PR]

by t-ooyama | 2017-08-24 18:23 | Comments(0)

ひさびさ

今日は天気がひさしぶりに良くなりそうだという予報。
八時から洗濯を始めて外に干した。
シャツや下着やタオル等で狭いベランダの干し竿はいっぱいだ。このところ部屋干しが多かったので、除湿や冷房を入れたりして干すのに骨折っていたので、自然の陽射しによる干し物は気持いい。
ひさびさのブログが所帯染みて恥入るが、独居老人の重要な関心事なのでご容赦下さい。

今日は17日。十月号は完全に締め切って選歌も最後の追い込み状況。
相変わらず欠詠の方もいらっしゃるが、逆に始めて投稿の新人もいらして新風は吹いている。
特に貴重な男性会員が目立ち、みなさん個性的。
すでにきちんと歌える方。
まだムラがあって、何を言っているのかよく解らないところがある方。
克明な科学的な歌を作る方。

女性の新しい方も、次第に安定した投稿を見せて下さるのは有難い。
女性は、日常を楽しんでいらっしゃる歌が多くてほっとする。
初心の方は、やたらに「よ」というような詠歎、感嘆の助詞をくっ付けたがる傾向があるようだ。
「よ」は言わずとも響き出るものだから、抑えましょう、とアドバイスをその都度する。
そういう方々の歌を見ながら、「今月はとても良いな」ということがあると嬉しい。
でも、なかなか継続しない。良いなと思える月が持続しないのだ。

こうしたアップダウンを描きながら、大きく見れば右肩上がりになっていくなら嬉しい。
選者は、言い換えれば「読者」である。
まず「読者」に希望を与え続ける作者になってほしい。

[PR]

by t-ooyama | 2017-08-17 10:17 | Comments(0)