<   2017年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

歌集『文語定型』について

歌集『文語定型』の著者から葉書が舞い込む。

過日は拙歌集『文語定型』の御感想の御手紙をありがとうございました。また、インターネットでも御紹介頂き有難うございます。

とあった。
この歌集は覚えている。たしか題名の個性的なのは挙げたけれども、記事では口語不定型短歌についてだけ、このブログでは書いた筈だ。それを御紹介だなんて言うとは丁寧な方である。

御選び頂きました四首のうち、前から三首は大山様のみ選んで頂いたもので作者としてはとてもうれしく思いました。「両岸は」もほかに一人いるだけでした。

ともあった。
小生は、受贈した歌集類への礼状を基本的にほとんど出す。その場合、前半には「礼状フォーマットを使い、著者名本名を打ち込むだけのものを作る。そして、これだけじゃ仮に貰う立場になったとしても有り難味が薄いので、必ず、コメントと幾つかの作品を挙げることにしている。
簡単な感想と歌の選出。でも、これは実際は本当に厳しい仕事である。そんな折の心情等はこのブログにも度々書いているが、対象によっては選び出したくとも一首も選べない、というレベルのものも多いのだ。また、短いコメントにも手を抜かず、直感的に浮かぶ印象をまっすぐに書くことにしている。
『文語定型』に何を書いたのか、保存してあるものから調べてみた。

新歌集のご上梓まことにおめでとうございます。

大切な一冊をわたくしにまでお届け賜り厚く御礼申します。

最初は短歌論かなと思った集名ですが、歌集ということで驚きました。まさにズバリの命名で、覚悟が感じられます。

死に至る苦しみの量思ひみれど犬は黙せり風に吹かれて 30

夕ぐれの大き十字路見下ろしぬ生きねばならぬものら行き交ふ 56

すいめんにただよふ亀と岸にたつ人間われと如何ほどの差か 95

両岸は闇に沈みてただ白くのびたるものと川はなりたり 48

心に止ったものを挙げましたが、確固と流れる定型の格調は気持よいものがあります。歌の重要な要素ですからね。

特に最後の一首、冷徹な簡略のきいた写生となって、印象的でした。

先ずはとりいそぎ、お礼とします。

             平成二十九年九月二十一日

とあった。
著者上條雅通氏の仰有る四首が鮮やかに甦った。これはみな良く覚えている四首である。
最初の三首は、小生だけが印を打って書き送ったのだとある。そして四首目が、他に一名挙げた方がいた。
ナルホドと思った。
コメントにある通り、輪郭のくっきり解る歌で文語定型をきっちり基本としていて気持よい。三首目までは作者の日常的な動作が感じられて温かみがあるが、四首目は違う。これは象徴的に捉えられた自然描写に徹している。
今読んでも、四首目が一番響いてくるようだ。何がどんなふうに? と問われても、即答しかねるモノが響き迫ってくるのである。歌ってそんなものじゃないのかと思う。口語訳すると、如何にも面白くない、だから訳することもうまく出来ないけど、でも何故か響き迫って来るモノが有るよねっていう感じか。

改めて『文語定型』はレベルの高い歌集だと認識した。
 
実は、上條氏のように、小生の礼状に対して折り返しお便りを下さる方は稀にしかいない。まあ、殆どの方は歌集を寄贈したのだから礼状が来るのは当り前って考えていらっしゃるようである。
この上條氏の葉書は、ひさびさに舞い込んだ「鄭重なるお便り」であった。

自分が出した御礼状は一応みな保存してある。
だが、実際の歌集は手許に無い。
すでに小誌への紹介を書く候補の一つとして、担当の桜井さんへ送ってあるのだ。

いずれ掲載されると思うが、順番なので、もうちょっと先になるかもしれない。


[PR]

by t-ooyama | 2017-11-24 18:47 | Comments(1)

歌集をたくさん読みました

新年号の選歌が終って、そのデジタルテキストが出来上がるのを待っている束の間の空白の日々。
昨日から取りかかって、寄贈を受けた歌集類新刊の封を切って、中身を確認、順に礼状を書いて行った。
昨日7冊、今日も7冊、計14冊の中身確認作業は結構しんどい。他誌で小誌を紹介して下さるとかの場合は、即時に御礼を書くのだが、新刊歌集は少し溜めておいて暇を見て一気にやる。極近に届けられたものは後に回し、到着順に取りかかる。
外塚喬氏の『散録』は氏の個性が良く出ていて楽しめる。

ためいきをつけば憂ひもこぼれ出て沼のおもてにいちめんの雨

唐梨子は苦労のあとの見え隠れするやうな木なり樹皮を落とせり

百円ショップに来てきまぐれに求めたる三色ボールペンをはなせず

ネクタイを取りかへ引つかへするうちに最後の一本が首にまきつく

永井正子氏の『風の渚』はきっちりと見開き頁が開いて非常に読みやすい製本で、読みながら苛立つことが無かった。

センサーの感知素早く門前の闇に家族の素顔が浮かぶ

夕光に影引く石の一つづつ渚に満つる潮に濡れゆく

平林静代氏の『点の記』は生真面目で誠実に生きる日常がうたわれていた。

眠るにも力が要るなり深く吸ひ大きく吐きて息整ふる

落葉の上をとんとん弾む寒雀楽しいことでもあるのか とんとん

他にも散文集として、大島史洋氏の『短歌こぼれ話』。千々和久幸氏の『酔風船』など重くない感じの取り付きやすい本があった。
今回の十余冊の歌集には、どう頑張っても引っこ抜ける佳品がない、というものが見当たらなかったのは嬉しい。みなそれぞれの個性を思わせる作品が見つかった。そういう意味ではレベルの高い方々の歌集であった。
中でもインパクと十分は鶴田伊津氏の『夜のボート』である。第二歌集だとある。
変哲ない日常を構えずにうたっているのだが、読後ジワッと広がって来る何とも言えない余韻がある。

紅羊歯のように震える心ありアジアを亜細亜と変換すれば

子は脅ゆ風が落葉を集めるに蟻がわらわら歩いているに

肉体の厚みを持たず揺れているパジャマの裾に蟬はすがれり

子はふたつわたしはよっつ右脛に蚊の残したる晩夏の地図

Bを使えば4Bめくことば生まれ常より筆圧強し

4Bの太目の芯で書いていると、それなりの思いが生れ、ことばが生れ、ああ筆圧がこんなに力強いことだ。
という歌だが、面白いなあって思った。
文字は人を表すとかってよく言う。事実年齢や、その時の心情の持ち方でかく文字が変わって来る。
こころが穏やかだとまるっこい文字となり、のびのび大きめになったりもする。
逆に神経ぴりぴりで尖った時は4Bでは文字を書けない。芯の硬いH系だろう。
最近小生は太目の鉛筆で丸くて柔らかく大きい字を書いて暮したいと思うことが多い。
今回の賜った歌集への礼状には、思いっきり柔らかな大きな字で大山敏夫って書いた。

一先ず、歌集類を見ないで済む日が続く。
今週末に十二月号が出来する。即発送となる。
そしてその次は、新年号に取りかかることになる。
予定では十二月四日が最後の校正日である。
束の間の空白が済むと、目まぐるしい時間との闘いが始まるのだ。


[PR]

by t-ooyama | 2017-11-22 23:03 | Comments(0)

抜錨の研究、お疲れさまでした。

連載しています「抜錨」の研究(中村哲也氏執筆)はいよいよ最終回です。
執筆して来られた中村さんに御礼申します。
本当にお疲れさまでした。

戦後間もない混乱の時期に、自らの全生命を賭けて、「如何に生きるか」のテーマを持って結集した集団のような気がします。その日の食物にも事欠く中にあっての短歌って、今のわたくしたちの考えの及ばぬ覚悟のあったことと思われます。
そういう中で幾つもの短歌雑誌は誕生し、その幾つかは今に発展しました。反面「抜錨」のように姿を消したところも少なくありません。しかし、その結集メンバーを見てみると、多くはその後も活動し、アララギへ、歩道へ、他いろいろな結社誌の中へ身を投じたのであります。
小誌もそのメンバーの一部が再集結して創刊されました。
創刊当初の木島茂夫の口癖は「生きる」であった気がします。あの昭和37年ですら、生きるに気合いが必要だったのでありました。
歴史は尊く、襟を正し、受け入れて行くべきです。

とは言え、いつまでも過去に捕われ、拘り続けることだけが大事とは思われません。
わたくしは、過去よりも未来へ向けてパワーを傾ける方を選びます。

中村氏が投資して購入した資料「抜錨」がすべてお借り出来ました。
手にして読みたいと言う方があれば、活用して欲しいと云うのが中村氏の意志です。
ご希望の方は、お申し出下さい。

下の写真のように、かなりぼろぼろに酸化の見られる雑誌です。
補修して合本にでもする必要があるとも思います。
c0216213_12592486.jpg




[PR]

by t-ooyama | 2017-11-05 13:02 | Comments(0)