『とはに戦後』を読みつつ「日本青年」旧号を思う

c0216213_14502249.jpg
尊敬する先輩、東淳子さんの新歌集『とはに戦後』(青磁社刊 2000円)を頂く。
どこを読んでも、どこを開いてもずしんと来る歌ばかり。いつもながら真の表現者だと思う。
その、ざっと開いたページと箱が上の写真です。

泣くよりも悲しき泪身にしまふ母が独りで背負ひし戦後
身の丈にあまる労苦を背負ひこし寡婦らの背中老いて曲がりぬ
切り株のごとくに低く太く生く戦後の村に働く寡婦ら

わがいのちかくも熱きかけふの暑は体温並みとテレビが報ず
空が青いだけでも生きてゆけるとふ 今日のわたしはうなづきてをり
生死をば入るる肉体 天の鳥水の魚よりずしりと重し

ざっと開いたページより歌を引きました。
小生より少しお姉さんの東さんも、あの戦争の傷みを癒しきれず、70年以上たった今でも記憶に染み付いているようです。
たしか前歌集で読んだのだと思いますが、男達を戦場へ送った辛い「万歳」など、簡単にやってくれるな、という歌があってどきんとしたのでありました。そういう激しい思いが、この新歌集にも滔々と流れています。

単純にして明らけきいのちなりピカソのゑがくはだかの女
退廃といふ不可思議の魅力など絵の女よりただよひいづる

女を凝視する眼も鋭い。


東さんは、たしか昭和四十二年の角川短歌賞次席となられ、その年に知り合ったのであります。
そして小生の作っていた「日本青年」に作品を寄せてくれました。その旧号が手許にありますが、下のような雑誌です。
4号、7号、8号の三冊が残っています。

c0216213_15194304.jpg
4号は、斎藤茂吉の顔を書いた表紙です。
7号8号は亜伊染徳美先生の絵で、あまりに良い絵なので小生の文庫判歌集『青き夜の歌』のカバーにも使いました。

下の見開きページは4号に掲載された東淳子作品です。(隣は「歩道」の後藤健治作品)

c0216213_15184848.jpg
拡大すれば読めるかもしれませんが、若さの匂う力の籠る一連ですよ。

蜜蜂の羽音は杳き海鳴りを呼びさましつつ心ほどける
逢ひみてはガラスの層の輝きの真中におつる夢をむすびき
神話には理由などなし君ありて我ありて溢るるものをむさぼる
飛びこめば呑まるる海に向きあへるこの緊張に眼そらすな
時差もちて鳴るなかしみをききあはむただそれだけのこと許されぬ
部屋のうち片付けてより哭きしなど知らざらむ君を待ち尽したり
交差点のバックミラーにうつる時ピカソのモデルめきて我ゆく

こういう作品が読み取れる筈です。
情感ほとばしる一連で「知らざらむ君を待ち尽したり」の声調のインパクとは強烈で、いまだにはっきり覚えていました。
懐かしい作品群ですね。ここにもピカソの歌があって、東さんの本質は変わっていないと確信しました。

今日は、東さんの歌集と「日本青年」の話です。
昭和四十三年の超結社雑誌でした。
題字は木島茂夫です。



[PR]

# by t-ooyama | 2017-10-27 15:37 | Comments(0)

これは美しい

大会の感想はいろいろ頂いております。
有難うございます。

昨日はこんなすてきな写真が届きました。
発信者のセンスが良いですね。

c0216213_23263123.jpg
素敵な会場の様子。美しい花。そして照り輝く両国の夜景。

付けられたちょっとした文も嬉しいですね。


私が勝手に撮ったものをコラージュにしてみました。

それと、親睦会の高いところから撮った夜景です。
スマホで撮りました。

お受け取りください。☺



中島さん。有難う。

[PR]

# by t-ooyama | 2017-10-25 23:30 | Comments(0)

11月号発送と大会の一場面

事務局の記事がありますが、本日発送を終えました。
駅前通りから観た「十月の富士」は黒い姿でした。頂の両側には白い雲の群。良い富士でしたよ。
風もさわやか。澄み切った空。黒い富士。

袋詰めは順調。
クロネコさんも迅速で、3時には完了しました。
明るい日射しの中を帰宅されるお二方を駅迄送りました。

大会の感想もいろいろ集って来ています。
来月の例会では反省会の予定もあります。
お弁当も出ますので、ご都合の良い方はご一報されてからですが、ご参加下さい。
去年も同様なことを行いましたが、その反省の成果が今年の大会で活かされました。
だから、一昨年よりも「良い」中身が展開さされたのだと思います。

会場のホテルの方も好評でした。両国駅から至近なことや、懇親会の十一階の夜景が素敵だったこともありましょう。
昼食も、係の皆さんが、最上のものを提供したいと(許される金額の範囲で)いう気持の溢れたもので、良かったです。
皆さんが活発に発言され、息つく間の無い時間が過ぎました。
何もしないで、観て聴いていた小生等はただただ感謝です。

その一つの例。

107 稲田への水路の段落は逆巻きてペットボトルがくるくる回る(関口正道)

の一首について意見が飛び交いました。
嶋田さんは、「段落」ってのは文章等に言うので、ここでは「段差」じゃないのか?
と言われました。なるほど「段落」は確かに変だよね、「段差」なら、その水路のホールのような場所の状態を言うに適していると思いました。良い指摘です。
ところが、ここで広島から参加の藤田さんが立って、
それは「おとし」と言います。
という声で解決でした。
農作業の現場では「おとし」とよぶのだそうです。

☆稲田への水路の「おとし」は逆巻きてペットボトルがくるくる回る

こう記せば良いのでしょう。
或は「段差」に「おとし」ってルビを付すのも良いかもしれません。
こうすると、なにかもやもやとしたものが急に霽れて行くような爽快感がありますね。
実によい即興のやりとりだったと思います。

印象的でした。

[PR]

# by t-ooyama | 2017-10-23 20:54 | Comments(0)

大会御礼

本日第56回大会が両国にて行われ、無事にお開きとなりました。
外はあいにくの雨でしたが、会場は熱気に溢れました。
会場確保に動いて下さった皆様、御礼申します。
会場にてお手伝い下さった皆様、有難うございます。
総合司会の大塚さん、有難うございます。
詠草批評を担当された皆様、お疲れさまでした。
懇親会でお世話になりました皆様、御礼申します。

本日は遠路はるばるおこしの方も多く、その熱意をしかと受けとめました。
活発に御発言下さった皆様の意欲に感動を覚えました。
小誌の未来は明るいと確信しました。

小誌は個人の所有するものではなく、会員皆様の力を併せて運営して行くものと云うことを再確認しました。
これからも力を併せて「冬雷」という「場」を育てて参りましょう。

下は会場の開会前の雰囲気です。

c0216213_23355729.jpg
そして、下は懇親会会場からの展望です。広い窓の外には両国駅付近の様子が開けて居ます。
国技館が眼の下でした。
その右隣には「江戸東京博物館」です。
今の両国の姿ですよ。


c0216213_23360717.jpg
ひさしぶりの両国は大会会場と同様に活気に溢れていました。







[PR]

# by t-ooyama | 2017-10-15 23:41 | Comments(1)

お知らせ他

大会まで書き込みはしないつもりだったが、もう一回書くことにする。
事務局からmailで相談があった。
 
大会の日に「現代短歌社」の方が来て「現代短歌新聞」最新号を宣伝でお配りしたいと云うがどうするか?

ということ。わたくしは即座に「了解」と返信する。
経営努力は企業にとっては大切。こまごま歌壇に眼を配り、小誌の動向等もキャッチして、刊行誌の素晴らしさを宣伝したいと云うのだから何ら問題ない。それだけ小誌に魅力があり、わざわざ出張する価値があると認めて下さったのであろう。
有難いことである。
「現代短歌新聞」は、石黒清介の起こした「短歌新聞」の制作に関わっていた道具社長が、後継紙を目指して創刊されたもので、伝統的に購読料は廉価に抑えられている。値段以上の価値のある誌面である。
勧めらたら、購読されることをお勧めする。

夕方電話が鳴って永く交流のあった「高嶺」の廃刊を知る。
この四月より新発行所を受け持たれた江島彦四郎さんがお亡くなりなったとのことで、発行所移転じゃなく廃刊に決められたようである。短歌雑誌の発行を受け持つのは結構体力が要るので、誰でも出来る訳じゃない。この判断は苦渋の決断と云うべきなのであろう。
「高嶺」は早川幾忠が創刊した雑誌だが、小誌との関係が深まったのは二代目の二宮冬鳥の時代。
過去の回想の助動詞「し」の誤用・慣用問題を良しとしない二宮と、小誌創設者の木島茂夫が意気投合し、二誌を主導とする「し」の誤用への問題提起は、広く歌壇へ衝撃を与えた。この成果は太田行蔵の著書『四斗樽』になって残り、その完全復活版を、最近小誌に於いて連載したのであった。

二宮は大正二年生れの医師で、長崎で被曝した後、その研究にも功績を残す。以後複数校の大学教授を歴任して、併せて短歌にも情熱を注いだ。平成8年に逝去。
「高嶺」は、以後大牟田の森山誠哉氏の元より継続発行されたが、氏はこの春に八十八歳で亡くなられた。
その後に江島氏が発行所を引継いだのであった。
以後半年も経過しないのに、この度の不幸が重なった。
「高嶺」に寄り集う会員の皆様の悲しみが多いに察せられる。
江島氏のご冥福をお祈りするとともに、歌壇に強くその足跡を残した「高嶺」に中心より敬意を表するものである。

気骨のある短歌雑誌がまたひとつ消えて行く。
小誌はまだまだ頑張らねばならない。


[PR]

# by t-ooyama | 2017-10-13 20:03 | Comments(0)