1971年版「短歌工房通信」  そして訃報

「冬雷」の古いのを探していたら、大昔の「短歌工房通信」(大山敏男個人誌)が出て来た。1971年に刊行していたものの一部である。残念ながら他は見つからなかった。

当時としては特異な企画の個人誌で、誰もこうしたものを出していなかった気がする。これは岡井隆氏の「木曜通信」(葉書版として出されていた)のイメージ模倣であった。A5サイズ一枚の表裏で構成される極めてコンパクトな誌面である。

当時親交のあった友人諸氏が登場する。

3号では、現在「現代歌人協会」理事長の大島史洋氏。若々しく凛々しいお顔である。氏の処女歌集『藍を走るべし』の書評(大山)と氏の新作五首を掲載する。


c0216213_20293131.jpg

    ◇               大 島 史 洋      

  “根源的問い“を笑えばのめりこんでゆく果ての散華に眼は輝けり

  考える 考えるゆえにあやうけれ ならば一本の木の任につくべし

  門をいでてアパートの翁につかまりぬ糖尿病を尋ねて二度三度笑う

  君はいま俺とどれほどへだたって眠っているか もろし言葉は

  稲妻は藪の骨ほど刺さずして走り過ぎたる悔しくはないか

とある。これは今読んでも力作で、大島氏の誠実さや実力が半端じゃなかったことが直に解る筈だ。氏は多忙中に関わらず小生の希望に沿った作品で応じてくれた。

隣に載っているのは「歩道」の増島洋祐氏。少年時代にお世話になり影響を受けた青年歌人であり、一時だが島一行の名で冬雷に歌を寄せてくれた。「歩道」では主に河原冬蔵氏の指導を受けておられた。河原氏の奥方は、女優の北林谷栄さんであった。


c0216213_20301359.jpg

4号では「歩道」の稲葉正次氏の論と小生の十首の組み合わせ。稲葉氏は長澤一作氏に指導の受けておられた。

小生の十首は後に『感情交響』に収録される対象歌だが、誤植もあって恥ずかしい。二十代初めの拙い作品である。

c0216213_20310491.jpg


5号では、小生の歌集『春』について書いたものである。

c0216213_20313508.jpg

7号は大河原惇行氏(現、短歌21世紀代表)の文と、稲葉氏と小生の五首が組み合わされる。

大河原氏は当時アララギの若手のリーダーで、狭山グループと後に上田三四二から言われる仲間(大橋榮一・斎藤彰詰・萩原千也氏ら)の皆さんとも共に、よく歌を語り合ったものだ。

    冷えながら               稲 葉 正 次

  人恋ほし夜にてゴアの絵の中の焚火の炎われは見てゐる

  常緑樹多きゆふべの公園に硬き頭髪冷えつつ立てり

    清算                  大 山 敏 男

  ことなべて清算したる如き思ひ葉をふるひ落しゐる公孫樹みゆ

  一切の責なげうちてしまひたく思ひはじめゐる吾が恐ろし

こんな感じ。涙が出るほど懸命に生きていた時代であった。

大島氏、大河原氏は述べた通りだが、他の方はいまどうなされたか。精しくは不明である。

探していた冬雷は見つからなかったが、しばらく過去の世界に旅していた。





 《訃報です》

突然電話が鳴った。

悲しい知らせである。

会員の片本はじめさんが9月30日にお亡くなりになった。

ついこのあいだショートmailで、癌が発見されて入院したという連絡を頂いたばかりである。

享年59歳であったという。お若いから癌の進行が速かったのだろう。

それにしても入院のmailから、ひと月も経っていない気がする。肺癌か。速すぎるよなあ。

心よりご冥福をお祈りさせて頂きます。

片本さんの冬雷掲載最後となった作品は九月号、

                   片 本 はじめ 

  無愛想なレジの女にねぎらひの言葉かくれば初めて微笑む

  クリスチャンらしく生きたし聖霊に包まれ賛美の歌聴きながら

  チャペルまで駅から徒歩で五十分腰痛ひどきわれには行けぬ

  一回り大きなズボン二本買ふ腰痛のため財布も痛し

  百貨店の花壇に坐る老人ら皆行き場所のなき人ばかり

  百貨店の花壇にたむろする老人ら長寿と幸は別と思へり

  忌はしき過去のみ脳裏に幾たびも浮かびて眠れず朝となりたり

の一連である。

片本さんは平成2611月入会。ずっと川又幸子さんが指導されて来たが、故人となられた後に小生が選歌を担当した。

作品と一緒に、必ず一枚挨拶文が付いている。それを読んでから選歌に入ったが、敬虔なクリスチャンであった。

 

  クリスチャンらしく生きたし聖霊に包まれ賛美の歌聴きながら 

  チャペルまで駅から徒歩で五十分腰痛ひどきわれには行けぬ

原作では「クリスチャンらしく死にたし」だったが、選者の不理解で「生きる」だろうなあ、と直してしまった。お亡くなりになるとこの原作が痛ましい。

次の歌も、腰痛も病気から来たものだったのだろうか。徒歩50分歩くのは結構辛い。健脚じゃないと無理だろう。でも普段は、この距離を徒歩で通っておられたのだ。これも信仰のから得られた強い精神力がさせたのだろう。

やけに胸にしみる最後の作品となっていた。

                                                        合掌  

  


[PR]

# by t-ooyama | 2017-10-03 20:34 | Comments(0)

「埼玉歌人」96号

昨日届いた「埼玉歌人」最新号。
さっき開いたら嶋田さんの作品三首と、小川さんの『柊の家』の批評が載っていた。
嶋田さんは今日も創展で上野にいらっしゃるのだろうが、歌は九州八女の銘酒「古久」を楽しむ日々が歌われる。
「何時もの頼む」とmailを打てば、すぐに送ってもらえる関係が十七年以上も継続されているらしい。
その酒の「2000年記念」が出たのだろうか。
うまそうだ。

小川さんの方は「長風」の本木さんが懇切丁寧に書いてくれた。
有難いことである。
この場を借りて謝意を表したい。

小川さんも今頃この「埼玉歌人」を手にされて、驚いたり喜んだりしていることだろう。
良かったですね。


c0216213_19302149.jpg
c0216213_19302965.jpg

[PR]

# by t-ooyama | 2017-10-01 19:31 | Comments(0)

毛呂山、沢田の「太子堂」

現在冬雷ホームページにアップ中の10月号は、小川照子歌集『柊の家』の批評特集号である。
お陰さまで立派な特集が組めて御礼申し上げたい。著者は、どちらかというと地方在住で地味な方で、多くの会員の皆様に馴染みのうすい面がありましたが、今回の文庫歌集は、それだけインパクとがあったということか。お人柄の出た人間味溢れる歌集である。

ドライブがてらに、十月号を直接お届けすることになった。
いつ行っても、小川さんの家の周りは花いっぱいで、今は盛りを過ぎかけた日日草と、盛りの紅白のコスモスが迎えてくれる。歌集の写真にもあった立派な門を潜っての玄関前には、繊細な風を捉えて微かにそよぐ「風知草」の柔らかい緑が大きな鉢に広がっている。
昨年九月号に出した拙作、

  柊                 

赤十字奉仕団支部長等つとめ続け庭には折折の花を絶やさず

花や樹の並び立つなかに目をひくは小川さん丹精の槙みどりの樹勢

どつしりと立つ老幹にふるひつく如く抱けど抱へきれなく

小川家に大切にさるる柊のすべすべの葉は樹齢の重み

見あぐれどひたすら高く且つ深く且つ濃きみどりこの柊は

焼け落ちし母屋の炎を浴びし日の傷みより柊も立ち直りけむ


を思い出した。

笑顔で現れた小川さんは、本当に驚いた、たくさん書いて下さったみなさまに御礼でいっぱいです、と仰有る。
このブログを通じて、執筆の諸氏に小川さんのお気持ちを伝えたいと思ってこの記事を書いた。

せっかく行ったので、前に行った時に見られなかった鎌倉幕府と一緒に建立されたという「太子堂」を見せてもらうことにした。やはり、あまりに立派な太子像であり、盗難の危険もあるということで、今は堂内に祀られては居ない。
太子堂は家の裏の方にある小川家の墓地の隣にある。小さな用水路を越えて行くのだが、道路から見ると「何だろうこの建物は」という感じに目に飛び込んで来る大きさだった。
この地では、「沢田の太子堂」という名で親しまれているようだった。

c0216213_09453965.jpg
c0216213_09455076.jpg
c0216213_09455610.jpg

太子堂は格子に作る扉が鎖とカギで閉じられているが、その隙間から中を撮影してみた。
太子像を安置する小さな建物だけは置かれている。これも極彩色の美しい本格的なもの。
横に見える木造の家状の箱は「御釈迦様」を安置する場所だったと言う。
床板には埃が溜まっている感じだが、江戸時代や明治では、この中に畳を入れ、句会や茶会も行われたという記録がある。
古い色紙や掛軸等も残されている。かなり広めである。

外から眺めた建物は今風に修理されているし、新しい材木で作り直されているが、土台石は鎌倉の世のままであるという。
時代の感じられる石の風格が匂い、土台石に接する材木も、かなり古そうなものが見える。こうした材木は当初のものを手入れして、再利用されているのだろう。
写真を入れたので、ご覧あれ。

とても暖かな一日であった。

[PR]

# by t-ooyama | 2017-09-30 09:47 | Comments(0)

すてきなブログです

このHPにリンクをはってある方だけじゃなくて、ご自身でもブログやホームページをもっていらっしゃる方が居ります。

どこからかそんな情報を頂きたまに拝見させて貰っています。

会員の造るものですから、時々小誌掲載の作品等取り上げられます。

そんな時は、その関係する方へ、こんなのが出ていますよって教えてあげます。

残念ながらインターネットをやらない方も多いのが小誌の実情です。

あるいは、リンクをはっていないのでその記事の存在をご存じない方もあるのです。

それは勿体無い。

リンクをはってある北山さんの記事は簡単に読めますが、はってない下のアドレスもお勧めです。


      http://tankayfugue.seesaa.net


ブレイクさんの「短い歌の日記」。

まさに「短歌の日記」です。

ここに取り上げられた記事で、作者が読めないであろうと思われる方には、小生がプリントして、その方へ郵送しております。喜ばれますよ。

長崎の福士さんへ送ったら、ぜひブレイクさんへ御礼のお便りをしたい、と言われました。カナダは郵便事情が悪いので、と申しましたが、どうなりましたか。

鵜崎さんへも送りました。ビックリされておりました。

こういう記事は小誌編集子としても嬉しい事です。活発になると良いと思っています。

今回は池亀さんの30首が取り上げられました。

もちろん、これからプリントして作者へ郵送しますよ。

喜ばれる姿が目に浮かびます。こうした記事は本当に励みになるようです。

そしてこれも、発行人、編集子の任務の一つですからね。


[PR]

# by t-ooyama | 2017-09-27 10:40 | Comments(0)

深夜に及ぶ

今日は午後から外出。
曇りときどき雨の予報なので、洗濯物を取り入れてから出かける。
帰宅は22時過ぎ。明朝は月一度の「資源ゴミ・紙類」を出す日なので、大急ぎで戻って来たのだ。
発行所にはいろいろな紙類に属する資源ゴミが溜まる。本類、雑誌類、プリントミスの紙、頂いた雑誌を入れてあった袋や歌集類の入っていたボール紙の袋。それと小声でしか言えないが、小誌の残部も蓄積する。思い切って捨てないと狭い部屋は足の踏み場も無くなる。床が抜けるかと思うほど重たい紙類は保存するにも限度がある。
そんなふうに思い、仕方なく「資源ゴミ」として出す。
これも発行所の大事な仕事の一つだろう。

小誌の納品等に使われて溜まったダンボールの箱を束ねたり、舞い込むチラシ等も溜めてあるものを袋に入れて綴じる。
本類、雑誌類の束が8個。雑ゴミ袋が2個。ダンボールや箱ものを開いて束ねたものが2個。
どうにか纏まって、ちょっといっぷくが午前1時だった。
体の為を考えて珈琲じゃなく「飲むヨーグルト」をマグカップに入れる。
今日のmailのチェックの為、パソコン起動。
三通着信。

今月の三十首のYさんの写真。ご自宅の庭でのものらしく美しい芝生の上に立つ姿。
広報から、紹介用の歌集類が届いたという連絡。頑張って紹介文を書きますとある。
事務局から、纏めてあったという十一月用の原稿類。

その事務局担当の数名の方の作品と、事務局の歌も読む。
あのサボテンの歌だ。
広報もサボテンの歌だった。
実は小生もサボテンの歌を用意してある。
十一月号は「サボテンの歌」の並ぶ月になりそうである。

さて、明日は8時までに「資源ゴミ類」を出さなければならない。
寝坊は絶対にまずい。
ひさしぶりに目ざましをセットする。

ちょっと疲れた一日だった。

[PR]

# by t-ooyama | 2017-09-26 02:25 | Comments(0)