人気ブログランキング |

スマホの 写真一葉・短歌二首 5

標記の5回目掲載です。

本日最新号データを印刷所へ送りました。
集まっての校正作業が不可能になった中で、たまたま原稿類が集結していた事務局の責任にて、
最終チェックを終え、編集室にて同様チェックを経てのことであります。
誤植類皆無というのはなかなか難しいですが、ほぼ「無いだろう」というところで妥協しました。
どこかで線を引かなければ、作歌作業と同様に、いつまで経っても発表に至りません。
ご理解ください。

というタイミングで、標記の掲載となります。
今回は、またもや素晴らしい青空と堂々たる老木の姿です。
作者ならずとも、自ずから頭が下がってしまう、写真ですね。
作者は、仏の世界を感じ取りながら、見入ったのかもしれません。
どうぞ、じっくりとお読み頂き、直感などをお願いします。
写真と短歌二首、性格上は推敲不足は承知の上のものです。
そこに、あえて意義を求めての企画です。
活発な意見交換が展開されれば良いですね。

☆作品を貼り付けたところルビが小文字となって対象熟語の次に入りました。
 ご判読ください。


スマホの写真 1 葉・短歌2首 5

                 天野 克彦

洞口ほ らをもつ桃の老い木の逞しさ空にむかひていのちを開く

この寺の丘に広ごる桃の苑偈頌げ じゆのごとくに膨らむつぼみ



スマホの 写真一葉・短歌二首 5_c0216213_12180601.jpg


# by t-ooyama | 2020-04-05 12:33 | Comments(2)

校正の件

月例歌会は休会が続き、さらに続きそうである。
でも雑誌だけは通常通りに刊行したいものと頑張っているところ、またまたコロナウイルス感染拡大の禍の中で、行程の変更を余儀なくされている。
東京でも感染者が日毎に増加しており、不急不要の外出を控えるように強く求められている。何よりも電車等の公共乗り物を利用するのが大リスクで、恐怖となっているのだ。
事務局に集まっての少数での校正にも、ついにどなたも、出かけてくださる事が出来なくなってしまった。
この状態の中では、いたってやむを得ぬところかもしれない。

小誌にとっては大事な作業でも、感染を覚悟して、命がけで参加することでも無い。いわば不急不要な一つなのである。
そこで、今月以降の校正作業は、少数といえども集まってのものはリスク大として、一切中止と決定した。
集まっての校正作業って、最終チェックをみなさんと一緒に確認しましょうよという連帯感を養うに良かったのだが、そんな甘い考えは捨てて、担当が寄り集うことを省略した、効率的な校正工程を考案した。
すべて電子メール網を活用した、担当が自宅に於いて行う個人プレイを編集室で掻き集め、印刷用データを製作するという行程である。
ある意味、実に小誌らしさの出たやり方になったと思っている。

またまた、小誌も新しい環境へ踏み込んだ。
雑誌は出来予定日までに、必ず間に合わせたい。

# by t-ooyama | 2020-04-01 22:18 | Comments(0)

作品年鑑・自選合同歌集 進捗情報

みなさま

標記の現在です。
係によるチェックは終わり、これから参加者のお一人お一人へ、自選26首該当ページ分を原稿と共にお戻しましす。
万が一間違いがありましたら、折り返しご連絡くださることになっております。
自選を漏れた他の作品分は、プリントをお届けするに手間が掛かりすぎますので、ご一任願います。
事務局は今、多忙です。
24日、新しい冬雷封筒が完成しました。
25日に最新号が届き、その封筒へ入れて、発送しました。
そして、明日辺りから上記の発送になります。
お疲れ様です。

作者それぞれの最終チェックが済みますと、いよいよ一気に下版に向けて動きます。
今回の表紙デザインも決定しました。
今回はピンク系のタイトル文字になります。
ここにご紹介しておきますね。
ご覧下さい。


作品年鑑・自選合同歌集 進捗情報_c0216213_12175420.jpg

# by t-ooyama | 2020-03-26 12:18 | Comments(0)

スマホの 写真一葉・短歌二首 4

標記の4回目です。
今回は東北の空が美しいですよ。


朝焼け              中村 哲也

市内より新型コロナの感染者出でたる今日の朝焼けすが

休日の朝を彩る緋の空を眺むる人のいかほどと思ふ


スマホの 写真一葉・短歌二首 4_c0216213_22410125.jpg
みなさま

今回もたくさんの書き込みをどうぞ。


# by t-ooyama | 2020-03-16 22:44 | Comments(6)

経済状況の変化他

新型コロナウイルスの感染が深刻で、活動自粛、業務制限などの措置が取られ、小誌も三月四月の月例会を中止した。
地球規模の感染拡大で、日本一国のことではなくなっている。スポーツなどもほとんどのスケジュールが中止、延期になっている。
オリンピックもかなり危ないであろう。

週明けの日あたりから異変がある。
わたしの編集用メールアドレス宛に舞い込む、不要情報メール、商品メールなどの数が著しく減った。
ほぼ4分の1程度になり、毎朝必死に消しまくる作業が楽になった。
それだけ、世間では仕事が減っているのだなあと感じる。
こちらには迷惑的な情報の着信だが、そういう作業で生活している方もあるわけで、どうされているのかと、気になりだした。
経済状況は悪化の一途のようである。
早い終息で、元に戻るように願わねばならない。

今日は日曜日の原稿締切日になる。
速達以外は配達されない。
昔は締切日が迫ると、速達便が多かったが、今は、そうでもない。
速達と普通便の差が、あまり感じられないのも事実であるが、休日祭日の配達があるのは速達便だ。
せめて締切日が休日の時くらい、速達を使って欲しいものである。
月曜日着の中は、ほとんどが普通便なのである。
確信的遅着の投稿は何とかして欲しい。
こういう規約無頓着の会員が多くなると、雑誌は廃刊へと向かう確率が高い。
愛着の問題だと思う。

# by t-ooyama | 2020-03-15 11:00 | Comments(0)