人気ブログランキング |

『蝸牛居』出来

本日、三好規子さんの歌集『蝸牛居』が納品されました。
冬雷叢書第99篇となります。
おめでとう御座います。
届いた本を並べて、とても上品な出来栄えに満足しています。
これは来週の小誌三月号に合わせて、発送となります。
お楽しみに。
『蝸牛居』出来_c0216213_23003630.jpg

# by t-ooyama | 2021-02-16 23:04 | Comments(0)

『作品年鑑・自選合同歌集』の進捗報告2

標記の件ですが、参加申込者は二月五日現在100名を越えました。
さらに追加の参加申し込みの有りそうな方の分も含めて、作者別の自選用の2020年全作品をプリントした資料を作りました。
これは現在の参加希望者の分から、どんどん郵送をしてゆくように事務局に依頼しました。
プリントは箱一杯の量でした。
100名を越せば制作基準をクリアするので、継続刊行の四冊目が作られることになります。
ご協力ありがとうございます。

なお、継続刊行の5年目になる来年用の「冬雷2021 作品年鑑」の為の資料作りも間断なく進め、
現在3月号作品までの分類が終了しております。

早いもので、二月の初旬のいま、すでに四月号の選歌、企画に進んでおります。

# by t-ooyama | 2021-02-06 10:34 | Comments(0)

3月号進捗報告

3月号は嘗てない早さで、月替りと同時に印刷所回しとなりました。
小誌の校正システムは独自で(たぶん)、このコロナ禍で集合が出来ない中では威力を発揮しています。
また、本文84ページと少し抑えめになりました。
これは、同時に発送の叢書歌集『蝸牛居』があるので、封筒に収まる束でというのを迫られました。
4月号は、髙橋説子歌集『フリーステッチ』の批評特集が予定されており、また少し厚めになりそうです。
同書は内輪の文庫版ながら、すでに歌壇での批評が出始めております。
こうした歌集にも、目を向けて、正しく評価しようという交流諸誌にお礼申します。

この3月号より、組版前のテキストチェックを佐藤靖子さんの協力を得て進めました。
その役割に長くご協力頂いた赤羽佳年氏がご事情で降りられ、残ったメンバーに負荷が掛かり過ぎるのを考えての、仕事の早い佐藤氏への依頼でした。赤羽氏には、長年のご助力に感謝申し上げます。
その効果が出ての、すこぶる早いデータ制作の進捗だったのだと思います。
皆様のご協力に改めてお礼申します。
組版前のテキストチェックが早くできると、その後の最終チェックまでに時間的余裕が生まれ、
早いとは言え、誤植などの起こりにくい状態ですから、ご安心ください。



# by t-ooyama | 2021-02-02 08:38 | Comments(0)

スマホの写真1葉・短歌2首 (追記。  16回目  動きのある写真の面白さ)

標記の16回目です。
今回は雪山登山中の投稿です。
本格的な登山家の益坂順子氏の素敵な写真と二首です。
福岡の名山、宝満山の難所ケ滝の美しさの前に、思わず息を呑んで見上げる作者が想像されます。
では、ご覧下さい。

今ではこうした登山もスマホと一緒なのだというのが判ります。
そしてまさに即詠二首。
当たり前なのですが、こういうのが、この企画の狙いです。
有難う御座いました。(2月1日記)

難所ヶ滝

益坂 順子

宝満山の難所ヶ滝は冬に映え静寂保つ氷柱伸ばして

静寂の中に聞こゆる滝のうら水の音して和むひととき

スマホの写真1葉・短歌2首 (追記。  16回目  動きのある写真の面白さ)_c0216213_22330803.jpg



# by t-ooyama | 2021-01-27 22:40 | Comments(4)

『冬雷二〇二〇 作品年鑑・自選合同歌集』参加者の中間発表(追記 1月27日)

標記の一月二十一日時点での参加希望者は以下の通りです。

冬雷集 ⇨  21名
作品1 ⇨  18名
作品2 ⇨  26名
作品3 ⇨  21名
合計   86名

昨年版に参加していてまだ申し込みされていない方もありますので、
あと14名ほど増やして100まで乗せたいですね。

二月号の中でも参加を呼びかける広告を出しておりますので、
締め切りの二月十五日までには、到達する見込みです。
ご協力を感謝申し上げます。

追記
今回は詳しい参加資格を書き入れて無かったのですが、やはりきちんと丁寧に書かないとダメだなと思いました。
上記の参加希望者の中に、3名の方が2020年内の出詠が皆無か、自選歌数の30首に足らないことが分かりました。
積極的な参加意欲も感謝しつつも、肝心の作品が無いのでは、これは無理だなと、残念でした。 

# by t-ooyama | 2021-01-22 00:13 | Comments(0)