人気ブログランキング |

冬雷のHPの仲間に入りました

いよいよ、本格的な私のオフィシャルブログが始まります。
短歌を愛するすべての皆さま、冬雷会員の皆さま、大山敏夫です。よろしくお願い申し上げます。
ちょっと堅苦しいかな。

昨日は久々に台風が関東を通過して、朝から交通網の乱れが続出し、会社でも、あの人が居ない、遅れている、どうやら休暇になっちゃった、ということが起こりました。
私も、午後六時半から、池袋のルリュール工房で手作り製本の教室に行く日でしたが前夜に「台風接近のため中止」という連絡が入っていました。その前に護国寺の本社に行ってひとつの会議を済ませる予定があったので、夜の教室は無くなったものの東京には出かけました。勤め先が埼玉県内なので、大げさに言えば上京です。
午後2時過ぎに出る時は、すでに台風一過のぎんぎらぎんの天気。これでなぜルリュールは休みなんだって感じでした。実は七日まで休暇を取っていて、四日八柱霊園に墓参り、五日は神田小川町の古本会館で開かれていた「書肆ユリイカの本展」を見に行きました。私の手作り製本の師匠田中栞先生が、ずっと買い集めて来た大変な量の珍しい本がすべて展示されています。いまではほとんどお目にかかれない、装幀に凝りに凝った芸術の香り高い詩集が主に展示されていました。おもわず「うっとり」したものです。森岡貞香さんの30代での歌集『未知』を安く買うことも出来ました。1956年7月31日発行の初版です。
歌集ですから特別に変わったスタイルではないのですが、ジャケットが天地に長く作られていて、閉じた時に重なり合い本文用紙を埃や紙焼けから護る働きをもたせた洒落て実用的なデザインになっています。良い本だなって思いました。
内容については、後日お話ししましょうね。
そして七日は上野の東京都美術館に行き、「創展」を見学しました。この日はかなり強い雨でした。毎回嶋田正之先生から案内を頂いているのですが、二年ぶりくらいです。たくさんの絵を堪能しました。これについては前回書きましたから、一部省略です。
昨日の八日は、あまりついていませんでした。
会議が終わってから、総務経理部に行って少し打合せをしてから帰ったのですが、池袋で働いている娘と食事でもと考えて、連絡しました。うまく落ち合えて9時ごろまで一緒に居ましたが、さて分かれてみると電車は事故とやらで動いていませんでした。6時半頃に踏切で止まっていた乗用車が突然走り出し通過中の電車の横腹に激突した、というような話でした。
電車は動き出したものの、すぐにストップ、動いてはストップで、結局「ふじみ野」駅に着いたのが12時15分。帰宅が12時30分。それから、PCのメールや毎日見る情報を一通り見終えたのが2時でした。とんでもない、夜更かしとなりました。

よい子の皆さんは、けっして真似をしてはけません、という話です。
じゃ、今日もその二の舞になりそうなので、このあたりで「お開き」と致しましょう。
おやすみなさい。

by t-ooyama | 2009-10-10 00:37 | Comments(0)

<< 十月の予定 新ブログです >>