人気ブログランキング | 話題のタグを見る

まるで劇画だ

今日の男子ゴルフ「フジサンケイクラッシック」は石川遼選手の二年連続優勝で終った。
だが、後半幾つかのホールまでは、完全に薗田選手に女神が微笑んでいた。15番で園田のバンカーからの大ミスショット(ホームラン)がテレビカメラの塔にぶつかって勢いよく跳ね返り、見事にグリーンオンしてパーを拾う。続く18番では二打目をミスしてグリーン奥のバンカーの縁に埋まった。それを出し損ねて、さらにグリーン縁の深いラフに埋まる。ピンはすぐそばで、しかもピン先はかなりの下りで、オーバーしたら確実に奥に転がってしまう。これは、ダブルボギーは覚悟のところ。
園田のロブショットがあきらかに大きく上がった。あっ、これは大変だ・・・テレビ解説者が息をのんだ。その時。何とボールはフラッグに巻き付いてボトリと真下に落ちた。
子供のころ読んだゴルフ漫画のシーンが再現された。嘘だろうって思った。これは、園田の勝利を美しく演出するようだった。二位の石川とは、この時点でまだ1打差ある。

結果はプレーオフになって、薗田は負けるのだ。
それにしても、あの場面で、あんな劇画的なシーンが観られるとは驚いた。
いやースポーツって、ドラマチックですね。

by t-ooyama | 2010-09-05 23:57 | Comments(0)

<< 新歌集の情報です 御礼 >>