人気ブログランキング | 話題のタグを見る

慈光寺と梅捥ぎ

昨年暮れから考えていた慈光寺の土屋文明のお墓を訪ねることが実現する。
一度は四月の花の時期に計画したが、皆様の予定が合わずキャンセル。今回が二度目の計画となった。
皆様とは、いつも冬雷発行に力をかして下さる小林さん、桜井さん、森藤さんと、赤羽さんである。わたくしを含めて五名だが、たった五名でも全員問題なしにはなかなかならない。
特に今回は、川又さんのことがあった直後だし、皆様予定が詰まっているだろうと思った。
慈光寺は必ず行っておかねばならない場所だ。わたくし自身も、このところずっと文明に関わる文章などを書いているので、そのことなどを文明先生にお伝えせねばならない。
そんななかで、どんどん日が経っていった。そのうちに慈光寺に行くなら、何か他の行楽も兼ねての方が良いかも知れないと思うようになった。

小林さんや桜井さんが、川越にいらっしゃる度に、いつか梅捥ぎをしたよねって、懐かしそうだったので、会員の小川さんが毛呂山で梅も栽培されていることを思い出し、「どんなものですか」って、お尋ねした。
今年は例年より実の成長が早くて、六月になったら直にでも収穫ですという話。これには驚いた。六月半ばかなって踏んでいたのだ。じゃ、急がねばって焦った。
小川さんに事情をお話しし、折り返し、皆様のご予定を確認した。
その結果、三日の金曜日が皆様フリーとのこと。実のところ、この金曜日は、七月号の校正の予定日としてお考えの方が多かったのであろう。編集室の予定では、校正は来週となる。

ということで、三日の金曜日には慈光寺へ行くことが決定した。
大雑把な時間だが、
午前11時30分には慈光寺に居るだろう。
約2時間で文明先生のお墓と、慈光寺周辺を歩く。
2時30分頃に毛呂山着。
即刻、新鮮な梅を収穫する。
毛呂山では、お近くにお住まいの本山さんが合流されるかも知れない。
栗原さんも齢97歳でご健在で、日々リハビリ中とのこと、冬雷との縁の浅からぬところである。
元会員のお一人、小室とめ子様は、この16日に99歳でお亡くなりになったとのこと。
もう少し早くこうした計画が実行されていれば、御一緒にお話などもできたのに、残念である。

毛呂山発は5時の予定。
タイトな計画だけれども、動けるうちにいろいろ動いておくのが良いと考えている。
じゃ、三日に。
皆様、宜しくお願い致します。

by t-ooyama | 2016-05-31 12:10 | Comments(0)

<< 出前歌会? ユリノキ >>