人気ブログランキング | 話題のタグを見る

最新号掲載

早くも最新号のアップとなった。
当初の予定では、11日の最終校正で13日頃の印刷所渡し(下版)であったが、皆さんの都合を繰り合わせ4日の最終校正の6日下版とした。この一週間前倒しは大きい。今頃は印刷に入っていることだろう。今月も連休があるので早めに入れないと川下作業に忙しさが出る。この進行だと納品が来週末、発送が土日あたりかもしれない。

そんな前倒しがあってHPアップも早まった。
この環境を楽しめる方には、いち速い情報は嬉しい事だろう。
今月の三十首は中島さん。
早くも二三の方から感想が寄せられている。

日曜日の例会後に編集委員会打ち合わせがあって、来月の大会の最後の確認があった。
編集委員会賞の決定もあった。
新年号からの作品欄昇格の選考も終った。
刻々と動いて行く。

手書き専門の環境の方には、申し訳ないけれども、このインターネットの充実化はどの結社にも言えること。
小誌はまだ夜明けの頃から取組んできたので、お陰さまで、最近やっと成果のようなものが現れて来た。
それくらい長い眼で観て行かないと物事は変って来ない。
ホームページ創設に当っては故椎田たかし先生のお世話になった。
いまでも感謝している。
ひたちなか市のヒヨドリ医院は先生の城だった。

現在のホームページは二代目で、プロのWEBデザイナーの手を借りて、小林、桜井、小久保、大山のアイディアを寄せ合ってスタートした。護国寺の「花の舞」で打ち合わせたのが昨日のようで懐かしい。
その後若干の軌道修正を入れつつ、今の姿がある。
会員のみなさまに愛される、みなさまの参加が活発な場を目指している。

このページが見たくて、頑張ってパソコン導入や、タブレット購入の会員の方も少ないないと言う。
有難いことである。
そういうみなさまに、刺激的な情報を発信する仕事が求められている。

みなさま。このHPを、一緒に育てて行きましょう。

冬雷集の天野氏の歌

懸命に生きてきたけど人のため為したることは何一つ無し

かなしくも大阪を捨て家を捨てわが苦ばかりに関はりて来し

病と闘いながら、こうした回想は慎み深い。

十月集のあずささんの歌


疲れたる大地の上に雨が降るSの子音を響かせながら

夏なれど雨夜の大気はひきしまり暖炉にくべるふぞろいの薪

つぶやきのように炎のゆらめいて話をもっとしてみたくなる

葡萄酒の杯を重ねるぽつりぽつり交わす言葉に深みの増せば

時折に言葉を休め聴いている薪のリズムと炎の歌を

音に敏感。素材との会話が底にあるしっとりした心情の吐露が美しい。

三十首の中島さんの歌

くくいつと口角あげてプーさんのぬひぐるみ笑ふパソコンの横

こうした理解者を大切にこれからも作歌に励んで欲しい。












by t-ooyama | 2017-09-13 14:51 | Comments(0)

<< 秋の創展 例会ほか >>