雨の日曜日

今日は17日の日曜日。締切り日は15日なので締切後二日目となる。
三連休が締切り日前後になると郵便事情もあって、少しの郵送遅れも考慮せねばならず、いつも休み明けまでは待つことにしている。日曜祭日は速達以外の配達はない。普通の方なら、締切り日直前の投稿になる場合速達を選ぶが、そんなことに無頓着の方もあるので仕方がない。
現状は(私の担当では)欠詠3名。未着5名。というところ。
この未着のうちの一名は普段こうしたことのない方なので少し心配である。
今日一杯待って、来なければ確認の葉書でも出すことになるだろう。
うっかりお忘れ、もあるし、投函原稿が行方不明と云うことも無いと言えない。
わたくしが紛失と云うことは、無い。
あとの方はレギュラーの遅れ組み。

最近いろいろなmailの形態があって、例えば「ライン」というのが流行っている。ラインで良いですか? という質問を受けたことがあるが、私は対応していません、とお答えした。
ラインの登録は簡単のようだが、こういうものに入ると、必要以外の情報がやたらに着信するようなので、今でもそうした不要情報mailを削除しまくっている状況だから余計な操作に煩わされたくない。
電話番号に送るショートmailというのもあるようで、たまに舞い込む。
運がよいとその存在に気がつくが、注していないと見逃す。後日気がついて「なんだこれ」となる。だから、わたくし宛のショートmailも有難くない一つ。どうぞ皆様、これは止めて下さい。
直近のことだが、重要な知らせが入っていた。

ご心配かけていますが、体調不良から病院に行ったら、肺がん、肺炎の診断を受けて入院中。

とのこと。これは大変な状況である。お大事に、健康第一だから先ず躰を休めることにして、歌は気にしないように。
という返事を入れておいたものの、実はこの発信者がどなただか判らない。電話番号は確かに入っているが、その番号に記憶がないのだ。一体どなただろうかってずいぶん考えた。せめて発信者のお名前くらいは書いておいて欲しい。
こうした重大な連絡はショートmailなんかじゃなくて、パソコンmailとか、ケイタイmailの方を利用して欲しいとつくづく思った。パソコン、ケイタイというふたつのmail手段があるのに、その上に○だ×だの手段はでの連絡は一般的じゃない。
このショートmailの発信者は、もしかしたら先月欠詠で心配したKさんかもしれない。
とにかく一日も早いご回復をお祈りする。

投稿が早くて一月前倒しという方もいらっしゃり、これもついうっかり「保存」を落すこともある。早く開いてしまうとどこかに保存せねばならなくなるので、そのママ未開にしておいたつもりが、いつのまにか選択されてしまい見逃して「未保存」となり「無い」ということになるのだ。これも怖い。以前これで何人かの人の作品を未掲載にしてしまい参ったことがある。今月も危なかったお一人があったが、運良く発見出来た。ほっとしている。
今後は直に「新フォルダー」を作って、そこに保存しておくことにする。
でも、それにしてもせいぜい一か月の先の事だろう。

手書きの方には二か月先、三か月先の作品をどんどん送って来られる方もいらっしゃる。
これはお手上げである。
「もう何通も来てますよ」
といえば良いのかも知れないが、何がご本人に「グサリ」という深傷を負わせてしまうかも知れないという心配もある。
だから黙ってプールしている。
それにしても、ああこの方は今月四回目だというのもあって、心が塞ぐのである。


[PR]

by t-ooyama | 2017-09-17 12:03 | Comments(0)

<< 台風一過 秋の創展 >>