好印象 御礼

早いもので最新号の着を伝える声が聞えます。
付録の文庫判『幸せの黄色』の評判がことのほか良いです。
美しい上品な表紙カバー、美しく大きな活字による、しかも伝統性を重んずる一首を二行に渡るようにレイアウトした本文の見やすさ。
短歌の本の良さが香ります。
という声のかずかず。
喜ばしいことです。
小誌の文庫判歌集のラインナップが積み重なって行きます。
文庫を別冊付録にするという画期的な企画がスタートして12年目。
以後歌壇では出版社から出るものを含めても文庫判歌集が多く目に付くようになりました。
昨年出た御供平佶氏のハードカバーの文庫判には驚きましたが、あの歌集も本文活字は一行に歌を記し一頁8首組みでした。
文庫判歌集は岩波や角川のクラッシックな歌集の組版にならって一首一行が普通の形です。
そこに小誌は大改革を試みました。
本格的歌集の伝統的な組み方を文庫判に導入しました。
1頁4首組みはぎりぎりの妥協です。
でも、4首入っても、フォントは12ポイントの超ビッグサイズ。
頁の上部を広めのスペースにして、圧迫感からの脱却も考慮しました。
これ以上無い知恵を込めての企画です。
今回の本文160頁だては、その本格性を感じさせます。
これからは、この頁数を標準と致します。
本年中に、あと何冊出るでしょうか。
いまのところ次の予定は入っていません。


今回の『幸せの黄色』の表紙カバー。原画と比較するとほんの少し色合いが淡くなって、黄や紅が控えめになっていますが、下版データは下記のようでした。
印刷しないと判らないところはありますが、もう少し濃めにすれば良かったと思います。
今後へ活かしたいと思います。
やはり紙よりこちらで見る方が明るいですね。
c0216213_11394349.jpg








 


[PR]

by t-ooyama | 2018-02-26 11:42 | Comments(1)

Commented by azusa at 2018-02-27 12:25 x
春先に咲く花のような、気持ちの明るくなる黄色ですね。今からとても楽しみです。

<< うた新聞 3月号 発送完了 >>