大阪の地震お見舞い

かなりの大地震でした。
大阪の皆様、さぞや驚かれ、今も不安な生活をされていらっしゃることでしょう。お見舞い申し上げます。
小誌の仲間では、水谷さんがお住いで、あの日にお電話しましたら怪我も無かったとの事。ほっとひと安心でした。
水谷さんには、緊急の原稿をひとつお願いしていて、何でもその原稿を書く為に早起きしていたら、地震に襲われ、本棚の書籍類が嵐のように落ちて来たとの事でした。普段通りに休んでいたら、かなり危険だったとの事。
運がよかったという事ですね。
余震が続いていて先が解らないので、部屋の片付けはせず散乱状況の中での生活らしいです。
本当に、どうぞ御身第一に願います。

さて、そういう中で書いて下さり、漸くすべてが揃い、『冬雷2017 作品年鑑 + 自選合同歌集26首』の最後の校正を来週空けに予定しています。
やっとゴールが見えました。
皆様にも、多岐にわたり御助力賜り、またまた御礼です。

八月号用の選歌が終り、昨日テキスト打ちに出しました。
それが戻るのは早くて月末なので、しばらく小休止です。

今朝は早く目覚めて、この記事を書いています。

[PR]

by t-ooyama | 2018-06-21 07:52 | Comments(1)

Commented by azusa at 2018-06-21 11:42 x
インターネットのニュースで相当大きな地震だったと読み、心配しておりました。私も大阪と言えば…とまっさきに水谷さんのことを考えていましたので、お怪我などなくて本当にほっといたしました。以前奈良に住んでいたので、奈良の知人が「ここでもすごく揺れた」と言っていましたから…

<< 萩原千也さん歌集 今日は >>