在庫無し

少しずつ受取ったという返信が届いているが『作品年鑑 + 合同歌集』 は完全に在庫無し、となった。
印刷所より着いて来る製品予備の方も使い尽くし、手元には、製品不良などによる交換に備えた5部を残すのみ。
申しわけないけれども、今後の申込みや、見本希望には応じられない。

ご寄贈させて頂いた方の御礼のお便りの中には、これを毎年なんて大変ですね、というのもあったが、別にそういうことに「大変さ」は感じない。
きちんとした成果が見えるものは、大変さより喜びの方が多い。正直言って「きついな」という時もあったが、そういう時は、休んで体調の良い日に行うと言う事で処理する。このスタンスは、月々の「選歌」に於いても度々ある事で、特別な「大変さ」という訳ではない。
「大変さ」を覚えるとしたら、ここに参加される方が、年会費と別に参加費用を出さねばならないという現実である。年会費の中で刊行するなら誰も不満はなかろうが、別に納める費用が発生する企画には、それなりのご意見が夫々にはあるだろうとは考える。
こういう生き難い世の中に居て、出費は誰も控えたいだろう。

次の時からは、真に希望される方のみから参加を募る方へ舵を切りたい。
今回の118名からは、数が減る事になったとしても、すべての方が、希望されて参加したのだという事が明確なら、また違ったものに繋がるだろう。
今年は、初めての刊行なので、出来るだけ多くの参加が望ましいと考え、やや強めに参加をうながした点を否定出来ない。
一点、こころにかかるところであった。

今後は、参加された皆様から戻って来る「はがき」の纏めがある。
何方の作品が「互選賞」になるのか。
そして、さらに第一回『冬雷賞』もこの中から選出される。
こちらも楽しみである。

大会での、その表彰もある。
また、誌上での特集も考えている。

雑誌の編集作業も企画も、いつも「連続放送劇」のように繋がってゆく。

大型の新企画、在庫無し御礼のご報告である。

[PR]

by t-ooyama | 2018-07-29 11:57 | Comments(0)

<< 八月ですね 滅茶苦茶だ >>