門前仲町の三幸苑

みなさま。
広報のアナウンスに沿って、本日のテレビを御覧下さって有難うございます。
会員の永野さんのお店の情報が出るというので、お声をかけさせてもらいました。
いつもお店で頑張っていらっしゃる作品を見て居りますので、その実際の映像が見られるのは一層の親しみの湧くというものです。
結構永い時間の扱いで、おいしそうなチャーハンやタンメンが湯気立ちのぼるあったかみで迫って来て、涎が出ますよね。
値段も驚くほどのリーズナブルで、行って食べたくなりました。
中華料理店で出す「海鮮丼」というのもアイデアですね。
工夫して独得の味や雰囲気を作るのは大切です。
最近はワンコイン弁当、なんていうのも始められたようです。

弁当を始めて開店前の仕込み増えててんてこ舞いの忙しさ

要領が判れば作業を見直して二十個の弁当を十五分で詰める


忙しそうに活動的に頑張る姿は、頼もしいくらいですね。
お店はご姉弟で力を合わせてやっていらっしゃるご様子で、厨房に立っていらっしゃったのが雅子さんだと思います。
ちょっと映るだけで主に弟さんが対応していらっしゃいました。

換気扇の故障を直す話から店内一新リフォームと決まる

壁紙と天井や床を貼り換えおれば机と椅子の古さが際立つ

リフォームしたる室内ぐるりと見渡せば新しき風の吹くを感じる


お店はこうしてリフォームしたばかりのところです。
気分一新、さあやるぞという気合いがあふれています。「新しき風の吹くを感じる」が良いですね。
こういう感性が、新しい何かを生み出します。
短歌作品はいつもパワフルです。
その生き様や日常を反映します。

ちょっとお声でもお聞き出来ればなお良かったんですが、控えめな大和撫子の雅子さんは、さりげなく振る舞われました。
今度は冬雷の大会でお会いします。
この放送もあったので、すこしはお話が弾みそうですね。
門前仲町は、昔「ゆびの会」の勉強会を開いていたところです。
懐かしかったですね。
神社には例の三億円の神輿もあります。
あの神輿は、私も短歌に作りました。

じゃ、みなさま、またいずれ。

ごきげんよう。


[PR]

by t-ooyama | 2018-09-26 22:09 | Comments(0)

<< 創展を観ました 十月号の発送 >>