人気ブログランキング |

新年号と新企画のこと

新年号が出来して発送も終わったという連絡が入りました。
お手元には明日明後日あたりですね。新表紙絵とボリュームたっぷりの本文96ページをお楽しみに。
もっとも、このホームページにはすでにアップされていますね。

そこで、ここには2月号より始まる新企画のご案内です。
新企画はタイトル「スマホの  写真1葉・短歌2首」となります。「スマホの」を付けたのは「基本的に」という意味で、まだスマホが普及完全では無いので、現状ではガラケーによる投稿、またはパソコンメールに写真添付による投稿も認めているところです。
とにかく手書きだけは受け付けない、というスタンスです。
取り組んでいるペーパーレス「冬雷」を制作する実験準備号を、この本誌「冬雷」新企画とリンクさせて始めようと思っています。
新鮮な即撮影1葉と、それをモチーフとする歌2首の即詠。2首というのは多すぎず少なからずで良いかなと思いました。
その第一回があるので、ここに紹介します。
桜井美保子さんの素晴らしい作品ですよ。



       ■スマホの写真1葉・短歌2首 



       磯子ヨットハーバーにて       桜井美保子

       タンク並ぶ工業地帯の湾岸に吾には未知のヨット揺らめく

       海の遊び楽しむ人の心意気示すかマストが陽に耀けり
新年号と新企画のこと_c0216213_11525940.jpg




同じ作者の連続はありません。
この作品に引き続きどんどん新しい作品を出してゆくつもりです。
そこで、二次利用の方のペーパーレス「冬雷」を作るために、皆様にお願いです。
この桜井さんの1回目の「写真1葉・短歌2首」をご覧になっての、忌憚のないご感想をここに書き込んで頂けませんか。
もちろん厳しい作品評でも歓迎です。
皆様の書き込みも、そのまま二次利用の中で編集してゆきたいと思います。
本誌「冬雷」の中では、連載はしてゆきますがその反応を特に求めて行く予定はありません。
反応反響はペーパーレス「冬雷」の中でやりたいです。

どうぞ宜しくお願いします。

by t-ooyama | 2019-12-22 11:56 | Comments(6)

Commented by 桜井美保子 at 2019-12-22 14:51 x
2月号からの新企画でケータイの写真とそれに添える短歌2首の依頼が編集長からありました。最初にどこの写真がいいか迷いました。みなとみらい のランマークプラザのクリスマスツリー、関内の公園、磯子駅近くの銀杏並木など撮りましたが、写真に撮るとどこにでもある風景に思えたので、磯子ヨットハーバーに出かけ10枚ほど撮りました。

ヨットの経験はないのですが、見ているだけで心が解放されます。写真を撮ったあとに短歌を作り即詠ということなのでその日のうちに編集室に送信しました。
ご覧になった皆様、どうぞコメント欄に感想などお願いします。
Commented by t-ooyama at 2019-12-22 16:08
作者の情報有難う。仕事が早い桜井さんで、助かります。それに、この写真を見て、この歌二首は写実が実践されていますね。タンクも湾岸風景も歌われています。未経験のヨットに対する茫洋とした憧れみたいなものも感じられますね。
Commented by ブレイクあずさ at 2019-12-23 09:42 x
工業地帯とレジャーボートの組み合わせが新鮮ですね。そして明るいけれど、ぱりっとした夏空とは違う、この不思議な空の色…。「揺らめく」に私の心も弾み、「陽に輝けり」の余韻とともに海へと押し出されていくようです。こちらは毎日雨ばかりでくすぶっていますが、歌の清々しさに励まされました。素敵な作品を読ませていただき、ありがとうございました。
Commented by 小林芳枝 at 2019-12-23 12:53 x
お住いの横浜港ですね。写真と歌を合せてみると作者の目線と同じ位置で読めるので嬉しいですね。
1首目は上句に背景を下句に気持を入れています。ヨットに興味をもっているような感じもしますね。
2首目は楽しむことにも「心意気」が要るのだという所を考えさせられました。自然相手の遊びはいい加減ではできないのかもしれませんね。師走のせかせかした気分が一掃されて元気が湧いてきます。
Commented by t-ooyama at 2019-12-24 11:13
いろいろ書き込み有難うございます。しみじみ写真を眺めていますが、感想が湧きましたので記します。
こんな試みも面白そう。歌って、本当に面白い。何が歌心を刺激するか解りませんね。

 ■大山敏夫の写真を見ての即詠二首
曇りとも晴れともつかぬ空のもと群るるヨットは活動のまへ
海の遊びに貧しき吾の見てをればヨット群の一つ男一人をり
Commented by 髙田 光 at 2019-12-24 22:16 x
写真の構図が大胆です。マストが中央にあり、奥の左右の
石油タンクと工場群と煙突でバランスを取り、ヨットが浮かぶ上がっています。まさに「心意気示す」マストそのものです。江東区の夢の島にもヨットハーバーがありますが、ガイドを下司に高い駐艇料金ばかりのこだわっていました。改めて、「遊び楽しむ」と前向きにしようと思いました。未知の海、楽しみたいものです。

<< 写真一様・短歌二首の2回目 締切日を過ぎましたが >>