人気ブログランキング | 話題のタグを見る

訃報 関口正道氏御逝去

本日、妹様より速達便があり、関口正道氏の御逝去を知りました。
12月3日午後6時15分に入院先にて「腹部大動脈瘤破裂」によりお亡くなりになりました。
通夜、告別式は身内にて済ませたとのことです。

冬雷原稿用紙に一枚、走り書きのメッセージが小生と小林芳枝氏宛にあり、そのコピーが同封されていました。
亡くなる当日の正午とあるものです。
辛い時に頑張ってメモしてくださったものと思います。
ご本人の意志は、とじ込み歌集の様なものを作って欲しいという様なことでしたが、
その下に箇条書き10があり、それはどうも雑誌にも掲載された写真のタイトルの様なものでした。
推測するに、予てからお勧めしていた文庫版による「関口正道写真と短歌」という本のことなのかと思われました。
単なる綴込み歌集なら、容易に作れますが、写真と短歌となると、ご本人の纏めた原稿が必須なので、
そういうものがあるのか無いのかを妹様に電話で伺いましたが、パソコンも開けず、一切不明とのことです。
したがって、この話はそういうことが全て明らかになってからの話となります。

メッセージには右側欄外に追記があり、
「ぼう大な本、もらってくれたし!」とあり、
「天野、小久保、高田、松本」の四氏の名が列記されていました。

お一人暮らしだった関口氏ですから、ご自宅の方はそのまま手の入っていない状況のようです。
亡くなった病院の方から直接に通夜、告別式へと進められたようです。
いずれ納骨の儀もすめば、蔵書の形見分けのようなものも、御墓参りの時にでも、時間を作ってもらう事になりましょう。
詳しくはその後のこととなります。

小誌は有能な編集委員の一人を失った事になります。
小生も少なからず落ち込んでおります。
月曜日に選者三名による緊急打ち合わせを行う予定です。
小誌の今後を話し合います。
編集委員のテコ入れも議題となります。

関口氏は昭和19年生まれのサル年で、活版印刷時代の小誌の印刷を請け負っていた会社に勤務されており、その縁で平成10年に入会されております。
以後は印刷所での経験を活かして、小誌編集委員としてお力を発揮されました。
短歌と同時に写真家としての技も秀でており、数々の立派な写真を小誌の中で発表されました。
また、ご自身のホームページも開設され、戦争研究の記事、写真の記事、短歌の記事など盛りだくさんで楽しいブログも持っております。
小誌はまた一人、有能な戦力を失いました。

心より御冥福をお祈り致します。
長い間お世話になりました。
そして、本当にお疲れ様でした。

まずは取り急ぎ、ご報告申し上げます。


by t-ooyama | 2021-12-11 21:04 | Comments(0)

<< 訃報です。 ご冥福をお祈りします。 訃報です (追記12月6日) >>