人気ブログランキング | 話題のタグを見る

月例歌会再開の御礼

昨日は三年間中止していた月例歌会の再開の日でした。
午後一時から四時半までを当てておりましたが、出席者の作品の相互評が終わって、少し早めながらお開きとなりました。
この三年間で、歌会参加の常連であった関口正道さん、野村昭一郎さん、高田光さんという実力者が逝去され、天野克彦さんは大阪へ転居されたりで、すっかり寂しくなり、
予想していた通り、とても少人数の歌会となりました。
でも、今年百一歳という最高齢の山﨑英子さんが、お一人で電車を乗り継いで参加されたり、初参加の新入会員の首藤文江さんもあり、充実の内容でした。
みなさま、有り難うございます。
無事に再開となり、順調に進行し、また来月にお会いしましょうと別れました。
批評の中で、心に残った作品を下にあげます。

われよりも夫と長き鍋に炊くおでんの時はいつもこの鍋     鈴木計子

われよりも夫と長き鍋に炊く大根こんにやく多きおでんを    同


健康と自由気ままな生活に手を合わせたり朝の食卓       首藤文江

鍋料理は手抜き料理と言うけれど作ってみせる我が家の味で   同


鍋料理を歌ったお二人の作品、個性的ですね。


広げたる枝にたつぷり日のあたる冬は欅の休息のとき      小林芳枝

植ゑられて四十四年吾の知る四十二年欅をあふぐ        同


お住いのマンションの植栽を暖かく見つめ、過ぎた歳月を振り返る気持が出ています。


人の手を借りる事なくいまあるを幸を思はむ除夜の鐘きく   山﨑英子

朝々を「いつてらつしやい気をつけて」娘を送る私の仕事   同


百歳を超えてなお揺るぎない張りと自信に溢れた作品群。結句が良いですね。


園のバスに子を置き去りにせぬやうに監視システム備へよといふ  稲田正康

母親に虐待されて亡くなりし女の子あり真といふなり      同


この日常の中で繰り返される様々な悲しい出来事。過剰に心情を述べるではないが、読者に考えさせる歌ですね。


歩数計六千歩を少し越したれば残る用事はバスに乗り行く    桜井美保子


作者の考え方がはっきり出た歌でした。


香典袋どこかと聞けばアリマセン即座に応へるコンビニの人   嶋田正之


コンビニに祝儀・不祝儀袋がないのは変だなと思いましたが、コンビニの人が外国人で、「香典袋」の意味を理解していなかったようです。

これもまさに今を歌っていますね。


他にも活発に意見が出ましたが、省略します。


また、事務局よりの情報があり、本年の冬雷大会は十月に開催される予定です。

いつものホテルとの連絡が取れて、第四日曜日に決まりました。

十月二十二日。


今からご予定に入れてくださるようお願いします。

七月号誌上にてご案内をさせて頂きます。


以上。










by t-ooyama | 2023-03-13 11:06 | Comments(0)

<< 碁石海岸の虹です 作品年鑑二〇二二 >>