人気ブログランキング |

2012年 07月 17日 ( 1 )

印刷用データのアップ

今の時期の暑さは半端でなく、皆様、どうぞお体を大切に願います。
三連休の方も多かったと思いますが、家族サービスとか遊びだめとかで外出が続いた方もおありでしょう。お疲れさまでした。

この休日後半は編集室に籠りまして、溜った選歌やら、郵便物の整理やら返信やらで忙しくして居りました。水曜日着で印刷所に8月号のデータを渡していたので、今度はこのホームページ用に作り直して「最新号アップ」をしようと考え、見直していたら、とんでもないミスが発覚し、わたくしは青ざめました。こともあろうに大事な固有名詞を変換ミスして居ります。こりゃ一大事と大慌てに印刷所の担当営業さんに☎を入れると、本当に運が良いことにすんなり出てくれました。これで先ずほっとしました。
わけを話すと、これまた運の良いことにまだ印刷に入っていないとのこと。休み明けからの予定のようです。早速に該当頁分のデータのみを作り直し、指定されたアドレスに添付して送信しました。すぐに折り返しの☎が入り、無事に開いたとのこと。わたくしは、あらためてデータの差し替えをお願いしました。本当に良い方が担当営業でよかったです。言葉が悪いですが、こうしたケースでは「居留守」状況で、先ず業務用携帯電話は繋がらないものですから……助かった……

さて、それから少し落ち着きホームページ配信用のデータを作製しました。ひとつのデータを印刷用に、そしてインターネット配信用にと加工する。わたくしたちが行っている方法はPDFに変換して広く閲覧して頂くものです。
印刷用では、単ページのトンボ無しで制作しますが、このホームページでは見開きのトンボ無しを基本として居ます。印刷用では、表紙用の4ページ分は表裏二枚のトンボ付きで別に作るのですが、web版は表紙分も本文に接続させて纏めているので、このあたりの作業が少しだけややこしく神経を使うのです。扱っているのはデジタルデータであり、その性格上、ちょっとした誤操作が発生すると気がつかない所で思いがけない変化を起こしたりします。本人が自覚する誤操作なら点検に気合いが入るので良いのですが、自覚なしの何となく間違えたというのが恐いのです。
したがって、印刷用でもWEB用でも、データ制作が終った時点でしつこいくらい見直し作業を致します。ネイティブデータでチェック、PDF変換後にチェック、それをメディアにコピーした後に最後のチェックをします。結構骨が折れる作業ですよ。

まあ、そういうことで今月は最新号のアップが行われました。
どうぞ皆様、こんな裏話も頭に浮かべつつご覧くだされば有難いです。
今は動きの無いPDFデータでのアップですが、このデータを更に加工をすると話題の電子書籍に変貌します。タブレット等で指先で動かす電子書籍真っ盛りの今では、冬雷のPDFは古いとなります。
そのへんがちょっと残念なところですが……

by t-ooyama | 2012-07-17 01:00 | Comments(0)