2017年 12月 24日 ( 1 )

発送に失敗

今日は印刷所からの予定で、午前中納品であった。
で、午後から発送の準備をして、係のお二人も見えることになっている。
その約束の時間が来ても品物が届かなかった。
十二時までが午前中なので、十二時一分になってから、担当クロネコさんの番号へ電話して確認する。
すると、そういう荷物は預かっていないというのだ。
でも、相手の会社は金曜日に荷造りして、こちらの都合に合わせて日曜日午前中着で手配すると言っていましたから、必ずある筈だから、調べてほしいと言うと、
どこかで荷分けに手間取っているのかも、調べてのちにお知らせしますから番号を教えて下さいと丁寧に言う。
じゃ、お願いします。
と言って、ケイタイ番号を知らせて、急いで駅へ係のお二人を迎えに行った。

だが、クロネコさんからは何の連絡が無かった。
どうなっているんだ、まったく。
たぶん、本当に無かったんだろうって思う。
となると、印刷所が納品手続きを忘れた、ということになる。
となると、それに気付いてあらためて発送をすると、納品は26日の火曜日だ。
えっ、それからこちらの発送だと、急いでも27日いっぱいはかかる。
とんでもないことになった。

大昔の冬雷の編集後記に、師匠が「こんなちっぽけな雑誌でも、一日千秋の思いで待っている会員の方が居るので、郵便屋さんよ、どうか早く届けてほしい」と書いておられたことがあった。
いまの小生は、まったくそういう気分である。
あんなに急いで校了、下版したのに、最後がこれじゃ「文句」も言いたくなるよね。

これから、印刷所へ、顛末の確認mailを打つことにする。
宛名とシールを貼った封筒はここにあるので、今月の発送は小生がひとりでやることにした。
みなさま、いましばらくお待ち下さい。


[PR]

by t-ooyama | 2017-12-24 23:02 | Comments(0)