2018年 03月 13日 ( 1 )

平成元年の表紙絵

先の「うた新聞」3月号の桜井さんの記事にも関連するので、この表紙絵の話もフライングだけど出す事にする。この年初めて、表紙に「編集 大山敏夫」と印刷される事になった。だが実際は、企画を出していただけで、編集をしていた訳じゃない。その第一回目の企画が「綴込み歌集」である。当事この「綴込み歌集」には、必ず「批評会」をセッティングして皆でお祝いした。月例歌会の終了後に同じ場所でやった。当事は江東区の「芭蕉記念館」であった。そしてわたしは、その司会進行に桜井さんを指名した。
当事この月例歌会の時の参加者は平均40名である。熱が満ち満ちていた。懐かしい。それから30年が経ってしまった事になる。                  



c0216213_08072466.jpg



[PR]

by t-ooyama | 2018-03-13 08:16 | Comments(0)