2018年 04月 21日 ( 1 )

発送しました

今日は三十度を超える夏日。
日射しがんがんで、外を観て居るだけで汗が出そう。
が、実際には湿度が低いのか動かなければひんやりする。
そんな室内で働き、発送が終った。
午前十時半頃に宅急便が届く。
事務局からの発送用封筒ひと箱と、ローヤル様から、五月号の入った段ボール箱3つ。
すべてを開いて、袋詰め、袋とじ作業とすすめ、午後6時少し前に宅急便に託す。
配達はたぶん月曜日頃か。
すでにこのHPには誌面全部がアップされているので、それを御覧になる環境の方には、新鮮みは乏しいかもしれないが、紙で読むのはまた良いものなので暫くお待ち頂きたい。今月も本文72頁。この頁数だと、ちょうどダンボール二箱で出せるので何かずいぶん楽な感じだ。

今日の郵便には、年刊歌集の参加希望者の原稿が2通あった。
第一次締切りを過ぎているが、現在100名を少し超えている。
二次の締切りまで待てば、総数110程度にはなるだろう。
一切の参加の催促無しでのこの参加者数は予想を超えている。
皆様が、この企画を喜んで下さっている雰囲気が伝わって来る。
体調不良で休詠中の方お二人からの参加も嬉しい。
逆に2017年作品は沢山あるが、現在正会員を辞退されていらっしゃる方、また退会されていらっしゃる方も幾人かある。
これは少し寂しい。

まあ、いろいろあるが、頑張って、期待に反しないものを作りたい。
まずは諸々の情報です。

[PR]

by t-ooyama | 2018-04-21 19:48 | Comments(2)