人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

締切すぎて

一昨日の金曜日が5月号の締切日でした。
速達便が二つ着いて間に合いました。原稿は順調に集まっています。
今日は17日ですから、ほぼ全員の分が揃いました。
選歌に頑張って、明日の夜までには完了したいですね。
四月五月は大連休があります。印刷所も手配がてんてこ舞いかと思われます。
少しでも早くデータを渡さねば出来日がいつになるか、不安です。
今月は、大連休の前倒しで、その前までが忙しくなりそうですね。
5月号も早めに下版したいです。

四月の連休は27日からでしょうかね。
6月号は連休中の五月初旬に校正の日を設けることになります。
そこまでにゲラを出さねばならないのだから、忙しいですね。

そうなると、締切日が来てから原稿を作るというような御仁には申し訳ないのですが、待ちません。
遅着は原則通り次号回しです。

今日は少し冷えますね。
皆様、どうぞ御身ご大切に。


by t-ooyama | 2019-03-17 12:37 | Comments(0)

編集室設備更新

月曜日に新しいiMacを導入し現在2台を並べています。
スペックは先行導入と同じですが、やはり機能は良くなっております。1台目が六年目に入り、そろそろ寿命でいつ動かなくなるかわからない不安がありました。
今回は、本体分だけ自費負担ですが、インストールソフト費、付帯スキャン購入費、消費税等は冬雷の運営費をより補助を受けました。
それでも23万円程度の自己負担になります。しばらくは2台を並行して使用し、バックアップデータを保存し合います。
編集ソフトの方もバージョンアップして、2台までダウンロード可能なので、両方に入れました。ただし、この2台は、本体バージョンがかなり違い、古い方は2014年・15年版が入り、新機は2019年版となりました。
最新機で作ると、古いバージョン機では開いて操作継続が出来ない変な環境になり、ソフトの活用は古いバージョンでやる事になります。
2機並べれば、操作のしかたを教えるときなどにとても便利です。
これから活用する機会があるかもしれません。

短歌雑誌の運営の進め方は、とてもむずかしい局面に来ています。
古い結社誌がつぎつぎ廃刊され、幕を下ろしています。その予備軍もかなりあるようです。
それは単に歌壇構成年齢の高齢化だけの原因じゃないようです。取り巻く環境が、古色然たる雑誌のスタイルに相応しくなくなり、その順応性が問われているのだと思います。
ペーパーレスの時代は必ず来ますが、まだ先です。
先ず来るのは、雑誌の作り方の変革でしょう。
今の形態での雑誌を作るに、対応する設備を持つ会社が無くなってくるんじゃないかと思います。そうなると、デジタル印刷機を駆使してのインライン製造へ切り替わります。小誌は印刷データを作る能力があるので、そうなっても何も困りません。
しばらくは大丈夫です。
でも、ペーパーレス時代を想定し、ひとつの試みを実行するつもりです。
今のイメージは、紙に出さない方法での雑誌「冬雷On Demand」の創刊です。

どうなりますか。妄想は膨らんでおります。
2台のマックを前に、この機械の助けがあれば、なんとかなりそうな気がしています。




by t-ooyama | 2019-03-13 11:33 | Comments(0)