人気ブログランキング | 話題のタグを見る

四斗樽 圧縮版 出来

本日、小誌創刊60周年記念刊行の文庫版、『四斗樽 圧縮版』が完成し納品されました。
これは10月号の別冊付録として全会員へ配布されますが、その10月号は来週の明けに出来る予定なので、発送までしばらくお待ち下さい。
部数は多めにして手元に残し、今後の新しい仲間となる方々には入会頂いた最初に差し上げることにします。
編集室より少し前に届いたと言う事務局も感動する出来栄えで、有難いことです。
この本の特徴は、タイトル通りに初版「四斗樽』の最も重要なところをギュと詰め込んだ編集版となっていて、表記も現代仮名遣いにあらためて、本文体裁も文庫サイズにして、文字も大型化して、さらに読みやすいように、字間もスペースをとってゆったり組まれています。
初版の時は活版印刷でしたが、小誌に完全復活版を連載した時はデジタル組版に於いての、万葉集の作品を引用した部分の品詞分類の左傍線、さらにその横の必要箇所の現代語訳欄、作品右側に打った傍点・そしてルビなどの入り乱れた情報の組み込みに骨を折りましたが、今回も新規組となり、レイヤー3枚を使う組版で対応しました。
見た目はすっきり綺麗ですが、その裏側には隠れた三枚のレイヤーの中の細かい組版があることを感じ取ってくだされば嬉しいです。
本文は解りやすい太田行蔵先生の文章です。
初版についた木島茂夫先生の「編集後記」も味わい深いものです。
更に小林芳枝氏の「あとがき」が入り、小生の「解説」も付きます。
「解説」は完全復活版を連載した時に併せて掲載した「あらためて読み直す四斗樽」を、こちらも圧縮してコンパクトに纏めたものを使いました。それでも14ページに及ぶ解説となってしまい、余計な蛇足かもしれないなと思ってもいます。
読んでくださる皆様に於いては、どうぞ端折って頂いて差し支えありません。
では、その絵を下に貼ります。
どうぞお楽しみに。

四斗樽 圧縮版 出来_c0216213_18031665.jpg

# by t-ooyama | 2021-09-13 18:29 | Comments(0)

順調です

九月号は印刷所渡しが少し遅れて、ちょうどお盆休みなどを挟んだことで出来が来週後半になりそうです。
少し反省して十月号は早め早めに対応し、ほぼ通常並みに戻り順調です。
別の流れで準備をして進めてきた小誌60周年記念出版の文庫版『四斗樽 圧縮版』は、ほぼ完璧に進み印刷所渡しのデータも作られました。
最後のチェックをして(かなりシツコイですが)大きな間違いが見つからなければ次へ流します。
誌上で太田行蔵先生の過去の読み物「しの泥沼を干せ」を再掲載して、気分は盛り上がり、機は熟しました。
きっと会員の皆様にも喜んで頂けると信じています。
皆順調です。

二月にお話を頂いた日本短歌雑誌連盟からの表彰に対しても、その會報に乗せるための「受賞の言葉」を依頼され本日編集部へ送りました。こちらは、いまだにその表彰状のようなものも頂いていないので、何か今ひとつ実感がないのですが、連盟からの賞は小誌は二度目となり、光栄なことと感謝しております。

月々のスケジュールに沿って進めつつ、予想外に早く材料が揃うものもあり、そういう時はそのように進めて参ります。
「今月の30首」は九月号にお二人となったので、十月号には載りません。ご了承下さい。
「スマホの写真一葉・短歌二首」の22回目が出来ているので、今回は早めにご紹介いたします。


スマホの写真一葉・短歌二首22

クロウリハムシ       中島千加子

花びらを齧る黒瓜葉虫ゐて丸み崩るるたんぽぽの花

吾が気配気づきたるやう花のうへ葉虫は擬死のポーズを始む

順調です_c0216213_15473670.jpg


# by t-ooyama | 2021-08-19 15:48 | Comments(2)

荒れ模様

台風が近づいて空は荒れ模様。
近くにあったコンビニと郵便ポストが先月末に無くなってしまい、著しく不便になりました。
昨日も日差しが弱そうなので、九月号下版データを印刷所へ送ろうと考え外に出ましたが、たまげた蒸し暑さでどっと汗が吹き出し、びしょ濡れでした。
今月は少し体調が崩れ、九月号の進行が遅れました。
やっと手を離れホッとしています。
昨日は溜まっていた10月号用の投稿歌の選や、添削返信などを数名分済ませ、同時にメール投稿の三名の方にも同様のことを済ませました。
溜めてしまうと自分が辛いだけなので、とにかく進めなければなりません。
60周年記念で刊行する文庫版の『四斗樽 圧縮版』の方もどうにか今月末には印刷へ回せそうです。
こちらは本文136ページとなります。
こちらは下版後に「ペーパーレス版」を制作し、ホームページにアップするつもりです。
長く使わせて頂いた大滝氏の書『怯むことなく』と差し替えます。大滝氏に御礼申します。

九月号の目次上に載せた「スマホの写真一葉・短歌二首」の21回目は吉田佐好子氏の下の作品になりました。
美しい月で、吸い込まれそうですね。

              吉田佐好子

昨の夜シャンパンゴールド色の月東の空からゆっくり上る

星々の輝きを抑え君臨すピンクムーンは夜空の女王













# by t-ooyama | 2021-08-09 08:58 | Comments(2)

作品年鑑・自選合同歌集 出来

本日納品されました。
いつも通りに美しい仕上がりで、誌面も綺麗です。
今年は30首となった合同歌集のページも、そんなに窮屈感もなく、
例年通りの印象です。
作者別全作品のページは、逆にサイズを大きくしてあるので、見易いです。
今年は写真も多く掲載して、変化をつけました。
本文440ページとなりましたが、束もほぼ例年通りで、これなら郵送料も昨年並みでしょう。
表紙の「渓流」の水の美しさも素晴らしいです。

事務局より今日か明日に発送されます。
お楽しみに。

わたしの手元の実物です。


作品年鑑・自選合同歌集 出来_c0216213_14074681.jpg

# by t-ooyama | 2021-07-12 14:08 | Comments(0)

スマホの写真1葉・短歌2首 新着

標記の20回目です。
今回は大先輩の赤間洋子様の挑戦です。
スマホは持っているが使い方が未熟とおっしゃる中で、敢えての作品です。
さすがにすべてに前向きで自分化する赤間様で、お住まいに近くの左千夫歌碑を撮影して下さいました。
有難うございます。


左千夫の歌碑

              赤間洋子

錦糸町駅前に建つ左千夫の歌碑足止める人無く静かに在りぬ

帰路に詣る左千夫の墓に新しき卒塔婆が立ち居り珍しきこと

スマホの写真1葉・短歌2首 新着_c0216213_12260390.jpg


# by t-ooyama | 2021-05-25 12:27 | Comments(3)