人気ブログランキング |

すべて新鮮

最新号をアップしました。
冬雷オフィシャルホームページをご覧ください。
WEB配信用に作り直しました。
別冊付録とした冬雷短歌会文庫010『何処へか』(白川道子歌集)も、同時にアップしました。すべてが新鮮に感じられて、今夜は何か嬉しい気分です。
如何でしょうか。ぜひ、ご感想をお寄せください。

雑誌も新連載の「本を作る」という田中栞先生の論を巻頭に載せました。
これは、必読の読み物となりますよ。ご期待ください。
特に短歌の専門雑誌に載せるにふさわしいかどうか、は別にして、本当にお書きになりたい事をお願いしますというスタンスで、依頼した文章です。

また、今週の土曜日は冬雷短歌会の年一回のイベント「冬雷大会」がございます。
こちらの方にも、ふるってお出かけください。
愉しい一日をご一緒に過ごしましょう。

大山流の朗詠だって、ご披露するかもしれませんよ。

さて、たったいま、来年からの表紙絵が届きました。
来年からは嶋田正之先生にお願いしました。
嶋田先生については、冒頭にお知らせした冬雷最新号の中にも、その作品が一枚紹介されていますよ。
躍動感に満ちた獅子舞を描いたものです。

来年からは、少し工夫して、さらに紙面の刷新をめざします。
どなたか新スターが生まれるような一年になるといいですね。
私に、冬雷活性化のためのお力をお貸しください。
じゃ、また。

おやすみなさい。

# by t-ooyama | 2009-10-28 21:00 | Comments(0)

編集終了

皆さま。
冬雷12月号の簡単な割付が終了して、原稿を(データで頂いている以外の方の手書きのもの)平塚の編集室分室に発送してまいりました。明日の午前中に着いて、その後データ入力されてわたくしの元に戻ってきます。
それからが本格的な編集作業となります。わたくし流の編集は、全部揃ったデータを組版する工程の中で細部のレイアウトをしてまいります。パソコンを使ったDTP組版ですから、デスクトップ上で実際に見ながらの作業です。たぶん28日あたりからの開始です。
ただし、31日に冬雷大会がありますので、気を入れて行うには良い環境でありありません。大会に備えての準備が色々控えているからであります。12月号は、ひょっとすると少し遅れるかもしれません。
編集室は掃除下手のわたくしのことですから、取り散らかっております。ものすごく注意して原稿類の保管をしているのですが、中にはどこかに入り込んで発見できないケースもおきます。申し訳ないことです。

今回も一名の方の原稿がどうしても見つからず、午前中ずっと探していましたが、ついにあきらめて、冒頭の原稿の発送に至りました。お電話して、何度もお詫びして、再送をお願いしました。
こういうことは起きてはならぬことですが、部屋の掃除と整理の苦手な馬鹿なやつと、お許しください。

じゃ、今日は疲れたので、これから一眠りします。
おやすみなさい。

# by t-ooyama | 2009-10-25 16:24 | Comments(0)

生麩粉を熱する

昨日は、多忙だった。
帰宅後すぐに宅急便で着いた「冬雷」11月号と、別冊付録の文庫判歌集『何処へか』(白川道子著)を一通り観て、特に問題ないことを確認。その後、着信メールを確認。返信すべき方には即刻返信する。
12月号用の選歌も溜まっているし、先ず担当外の欄の選者への転送する作品を優先して観て、結果を送らねばならない。作品二欄の3名、三欄の5名が私の担当で、小林さんには3名分のメール転送ですむが、川又さんには電子メールは通じないので、最近は、一名だけ手書き原稿のSさん分を、私がワード入力して、5名分をプリント出しにして、FAXで、送信することにしている。これなら、電子メールでの送信と同等にすぐ届けられることになる。ここまでを、やらねばならない限度日になっていた。

その前に、木曜日の夜に通っている手作り製本教室の宿題があって、これが最優先となる。
ハードカバーの表紙に貼るクロスの裏打ち作業である。これは貼り付けてから、最低2日程度は放置して自然乾燥させる必要があるので、間に合わなくなる。食事もしていないが、炊飯器に米をセットしてから電源オンにして、作業に取り掛かる。
先ず、糊を作らねばならない。
厚底の鍋に生麩粉1に対して水を5入れて攪拌。弱火で根気良くかき混ぜ続けながら加熱する。時間にすると6~7分かな。そうすると次第にペースト状になって糊めいてくる。
かき混ぜながら鍋を覗いていると、何かとても良い香りがたち始め、お腹がすいているものだから、いっそのこと「食べちゃおうか」って、ふっと思った。
生麩粉とは、もともと小麦粉からたんぱく質を除外しただけのものだから、食べても害ではない。きっと、こういう面白い素材はダイエット食材として、活用されているのかもしれない。
食べちゃおうか、どうしようかって誘惑に打ち勝ち、何とか糊らしくなって行く。こういうのも愉しい。
きちんとした糊にするには、まだまだ踏まねばならない工程がある。先ずいったん冷却させてプリン状になってから、裏ごしする。そして、さらに水を少しずつ加えながら攪拌し続ける。気分はいっぱしの製本家。
適当な濃度(企業秘密だから教えません)になったら、木工用ボンドを少々入れる。

続いて、裏打ちするクロスの方にも幾つかの細工をしてから貼り付けるわけである。時間が無いので、ここでは解説を省略としよう。ここまでは「晩飯前の仕事」でどうにか済ませた。やれやれ、結構疲れる。

そのあと、ご飯も炊けたので軽く食事。粗食は健康の元なので、ぜいたく品一切なし。
そして、ようやく冬雷の選歌に取り掛かった。
小林さんへのメール送信は真夜中。
川又さんへのFAX送信は、真夜中に電話を鳴らせないので、今朝の7時25分に送信した次第。

一応、これで最小限の自分の責任は済ませた。

今晩は、これから作品一欄の方のメールにての投稿歌の選に入ることになる。
頑張らなくちゃ。
もちろん今日の晩飯はまだで、これからサイゼリヤに行って、何か食べてこようと思う。
じゃ、忙しいので、今晩はこのあたりで、失礼します。

# by t-ooyama | 2009-10-21 17:53 | Comments(2)

江東区の皆さん、有難う

江東区短歌大会の講師を引き受けてから、ずっと楽しみしてきましたが、昨日あっという間に終りました。
愉しいことってすぐにすんでしまいます。同時に肩の荷もひとつおろせました。
講師が勝手に愉しんでいても仕方ないのですが、なにぶん江東区のみなさんは、皆さん紳士淑女で、私の下手な批評にも「やじ」一つ無く、寛大で、下手な冗句にもちゃんと笑ってくださるし、会場は上手な司会の方によって盛り上がり、最近あまり経験しない面白い「短歌の会」状況でした。

来週はいよいよ冬雷の大会です。
こちらも負けないように愉しく、為になる、盛り上がりながら知的であるような進行になるといいな、と思っています。宜しくお願いいたします。

この、HPのリニューアルの宣伝も致しましょう。
こんなに面白く、勉強になるし、簡単に参加できる、素晴らしいツールなんだから、みなさん、恐れずにどんどんパソコンに挑戦しましょうよって、お話ししましょう。

雑誌ではできない、ネット上だから可能なことを色々試しましょう。
冬雷の電子ブック化を、どのようにしたら出来るか、いま研究しているところです。
ペーパー雑誌ではない、電子雑誌「冬雷」を作れたら、面白いでしょうね。
二つを使い分けたいですね。

「江東区短歌大会に参加してくださった皆様、本当に有難うございました。
短歌というのも、仲間に恵まれると、より楽しさが増すので、ぜひ、よいお仲間をおつくりください。
もちろん冬雷の皆さんも、沢山来てくださりました。御礼申し上げます。

# by t-ooyama | 2009-10-19 19:26 | Comments(0)

お元気ですか

妙な風邪、じゃなくてインフルエンザが世界的に流行しています。
ご注意ください。マスクをしている方も多く見かけます。
勤め先などでも、各入り口付近には必ずアルコールの消毒スプレーが置いてあり、手に溜めてよくこすります。
いい香りで、慣れると爽やかな気分にもなります。
ああいう製品を製造しているメーカーは、おそらくすごく儲けている事でしょうね。

昨日はコンビニのセブンイレブンの雑誌類販売コーナーで『いつでもお弁当BOOK』という本を買って来ました。A5サイズの小ぶりの作りですが、総カラー印刷の美しい、しかもコンビニで買える材料で間に合うお弁当の作り方がいろいろ載っているので、その気になれば私にも作れそうです。ピンクの表紙に可愛い月本えりちゃんが笑っている、どちらかというと悪役軍団系の私などが買うには少し勇気が要りました。
興味がある方はぜひご覧ください。

2冊買ったので1冊を池袋西武デパートで装身具を売っている娘の店に行き、あげました。
頑張って、お弁当くらいは作ってあげられる「いい女」になってほしい、親心です~余計なことかな。

じゃ、みなさん、明日は江東区短歌大会です。
江東区文化センターでお会いしましょう。

# by t-ooyama | 2009-10-17 14:06 | Comments(0)