人気ブログランキング |

清澄庭園のさくら

清澄庭園でお花見をしました。
ソメイヨシノのさくらの木が一本あって、三四分咲きです。パッと明るい空間をつくっていました。
この春の嵐で散ったカンヒザクラの木が三四本あって、それでもまだ新しい花をつけていました。
強い花ですね。濃い紅です。

寒いなかを散歩して、お昼をいただく頃には日差しが暖かく差してきました。
由緒ある建築物の「涼亭」を借り切っての勉強会は豪華でしたよ。
いい場所を設定してくださった幹事のみなさま、有難うございます。
大阪から駆けつけてくださった水谷慶一朗さま、有難うございます。

わたくしは、そのあとに上野に用があって行きましたが、凄い人出でした。花見の方々です。
日本全国花だらけなこのごろなのでしょうね。
素晴らしい季節です。

# by t-ooyama | 2010-03-28 00:05 | Comments(0)

ルリュール工房作品展

わたくしが手作り製本を学んでいるルリュール工房で、いま受講生の作品展をやっています。
ちょっと寄って見学してまいりました。
予想していたより静かで(と言うより、わたくし一人しか居なかった)会場にいらした講師の先生にたまたまお会いしました。

あっ、こんにちは。
いやあ、しばらく休んじゃってすみません。
いいえ、どうなさったんですか? 
まあ、ひとつの壁で落ち込みました。
あれは結構難しいですからね、でも、続けた方がいいと思います。
指先が不器用で細かいのは駄目ですね。
そんなことはありません、大山さんは器用な方だと私は思います。
そうですか? 
はい。
でも、この世界って圧倒的に女性が多いですよね。
そうですね。

妙な会話が交わされて、結局わたくしは、四月からの再起を決めました。
わたくしの教えていただいている講師の先生は30代の若い方です。そうしたら会場にもう一方いらした少し年上らしい女性が上品な微笑を浮かべて、

頑張りましょうね・・・

って、励ましてくださいました。
この方は講師の先生の「先生」だそうです。とすると、わたくしは「孫」弟子・・・となります。

会場には花のように美しい作品が皆立ち上がって並んでいます。
これ以上のおしゃれはできそうにない・・・というくらいに厚化粧で・・・でも清楚なんです。
やはり本は「花」があっていいけど、男性的な作品が見当たらないのは寂しいな。
そうか、じゃ、わたくしが腕をあげて「男性的」な「男がぎんぎんする」作品でも作るかな~なんて思いながら会場を後にしました。
いまは穴の時間帯です。これからたくさん見えますよっていう話です。
ひとりふたりと見学者が現われ始める会場でした。

製本家になろうという気はないのですが、入門コース程度はやり遂げたいものです。
冬雷50年分を「合本」して、書棚にならべたいと思っています。
頑張らなくっちゃ・・・

# by t-ooyama | 2010-03-26 23:16 | Comments(0)

冷たい雨です

今日も雨が冷たいですね。
桜もなにか咲くのをためらって見えます。
今度の土曜日は、あいにくかもしれません。

事務局から4月号発送のお知らせが入りました。
ご苦労様でした。
いま編集室は5月号の割付の最中です。
時間は留まるところを知らず流れます。

早いなあ・・・

みなさま、お風邪などお気をつけください。

# by t-ooyama | 2010-03-25 19:18 | Comments(0)

引継ぎ

何の世界でも、引継ぎというか引き際というか、政権を次代に繋ぐタイミングは重要であります。
いつまでも固執して悪相を晒すのは避けたいものです。
自分自身の古さがわからなくなっていて、自分のコンパスに人を押し嵌めようとして依怙地になる、そういう姿を散見するに、ああはなりたくないな~って思います。
わたくしも冬雷の編集を担当して十年になろうとしています。
そろそろ新世代への交替を考える時期かもしれません。
歌壇の閉塞感。冬雷に見られない新しい風。ただ昨日と同じこと、去年と同じことの繰り返し感・・・。
そういうところかの脱却を目指せるのは、六十代じゃ無理かも・・・ですね。
若い世代よ、台頭せよ。

今晩はやけに冷えるな~

# by t-ooyama | 2010-03-24 23:10 | Comments(0)

さくらの開花

本日東京のさくらの開花が宣言されたようです。
この二日間、すごい春の嵐で、上野のさくらの枝もかなり折れたようです。鎌倉の大銀杏もそうですが、大きくなるとそれだけ環境圧力に弱くなる面もでてきます。折れたものは折れたものとして受け止め、状況に応じた新世代との交替が粛々と行われるのは、人間界だけじゃありませんよね。
わたくしも今年はかなり激動の一年が予想されます。

さて、今日は少しゴルフの練習をしました。
今年からのわたくしの相棒は、軟鉄アイアンの「三浦技研CB2005」で5番〜Pまで、サンドウエッヂがMB-5000WA 57゜で、PSが WMF-05  52゜の8本です。寄せ集めですね。軟鉄のヘッドはかなり重く感じましたが、いまは慣れました。シャフトもやや硬めです。柔らかいと軌道が定まらないとのアドバイスを受けてのチェンジでした。
確かに芯に当たらずとも一応真っ直ぐ飛ぶようで、ミスショットを恐れずにすみます。あとはきっちりと「スイートスポット」でボールを捉えることのできる体のぶれないスイングを固めればよいわけです。
これは実はきわめて難しいところですが・・・
来月始めに予定されているわたくしにとっての大一番に備え、着る物も選びました。
今年はゴルフ界の若大将池田勇太ばりのファッションで参ります。
三浦技研のアイアンは、ショートから9番あたりまでは手の内に入れました。9番で120程度ですが、スピンがピシりと決まります。すごい切れ味ですよ。楽しみです。
ただ5番から8番までの安定度がイマイチです。
これをどこまで修正できるかですね。
このブログをひそかに読まれていらっしゃるかもしれませんが、Tさま、
大一番へのご準備は如何ですか?

・・・・頑張りましょう。

実はわたくしがレッスンを受けている師匠は、
あっ・・・クラブを代えた・・・あっ、三浦技研だ・・・うーん・・・
こりゃ80程度のスコアがでる腕じゃないと・・・うーん。

って絶句されていました。最後は、

まあ、練習のしがいがあるけどね~~
とおっしゃりました。
つまり力量に不釣合い、という意味です。
確かに難しいクラブですが、慣れですよ。

石川遼君も、妹の葉子さんも実力が発揮できなかった週末でしたね。
次につながるものがあればいいんじゃないかと思っています。
今日はゴルフの話でした。

今度の土曜日は清澄庭園でのさくらの花見です。
満開が予想されます。
楽しみですね〜

# by t-ooyama | 2010-03-22 18:43 | Comments(0)